keibachiebukuro2

スプリンターズステークス2021予想|ラップ分析でジャンダルム、モズスーパーフレアなど注目馬を評価!

スプリンターズステークス(2021年)の予想第2弾を特集します。

ご紹介する内容は、スプリンターズステークスの注目馬3頭、ジャンダルム、モズスーパーフレア、クリノガウディーの評価、そしてラップ分析から考える推奨穴馬についてです。

なお、スプリンターズステークスの有力馬3頭、レシステンシア、ダノンスマッシュ、ピクシーナイトの評価については下記の記事で特集しています。あわせてご参考ください。

スプリンターズステークス2021予想|ラップ分析でレシステンシア、ダノンスマッシュなど有力馬を評価!

それではスプリンターズステークスの注目馬の評価と推奨穴馬についてご紹介していきます。

ジャンダルム ラップ適性評価

スプリンターズS2021_ジャンダルム_ラップマトリックス

まず初めに「ジャンダルム」を取り上げます。

上図はジャンダルムの直近10戦のラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

ジャンダルムのラップ適性の特徴は、底力戦の超高速ラップもしくは高速ラップのレースに強いことがあげられます。直近2走の北九州記念、セントウルステークスは出遅れたため着順こそ奮いませんが、レースで発揮したパフォーマンス自体は高く、着順で評価を落とす必要はありません。

今年のスプリンターズステークスで求められるラップ適性は「底力戦×ラップスピード11秒20~11秒30の超高速ラップから高速ラップ」を想定します。このスプリンターズステークスに対するラップ適性については、同コースで行われ快勝した春雷ステークスが合致します。

スプリンターズS2021_ジャンダルム_個別ラップ2

春雷ステークスの個別ラップは、スプリンターズステークスの過去5年平均の個別ラップと似た傾向を示しており、その上でラスト1ハロンは大きな減速をせずに急坂を駆け抜けたラップ的に高く評価できるレースです。

求められるラップ適性同様に評価のポイントにおく「ラスト1ハロンの減速のギアチェンジ」が生じ、より底力適性や急坂コース適性が求められるレースに対しても前走のセントウルステークスで高いパフォーマンスを発揮しています。

このような背景からジャンダルムは、スプリンターズステークスに対して高いラップ適性が見込めると考えます。ラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

近走の敗因となっている出遅れさえ解消されれば、非常に高いラップ適性から1着まで考えられる一頭。そのように評価しています。

モズスーパーフレア ラップ適性評価

スプリンターズS2021_モズスーパーフレア_ラップマトリックス

2頭目には、モズスーパーフレアを取り上げます。

上図はモズスーパーフレアの直近10戦のラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

モズスーパーフレアのラップ適性の特徴は、ワンペース戦の超高速ラップもしくは高速ラップのレースに強いことがあげられます。自分の形に持ち込めば強い馬で、そのような形に持ち込めた昨年の高松宮記念や一昨年のスプリンターズステークスでは連対を外していません。

スプリンターズステークスに対するラップ適性については、昨年のスプリンターズステークスを含む4戦して2着1回、3着1回と成績としては物足りません。そのため、ラップ適性の評価は「B」とします。

スプリンターズS2021_モズスーパーフレア_個別ラップ

この馬の好走パターンを個別ラップで考えた場合、大きなポイントとなるのは、ラスト3ハロン目に多少でも息を入れられるかどうかです。好走した昨年の高松宮記念や一昨年のスプリンターズステークスの個別ラップを分析すると、ラスト3ハロン目に多少の息を入れることができ、ラスト2ハロン目には加速ラップを刻むことができています。

今回のメンバー構成を見る限り、昨年同様に執拗に絡んでくることが想定されるビアンフェに暴走が懸念されるメイケイエールがいます。そのため気分よく逃げ、得意のラップ構成に持ち込むことは難しいのではないでしょうか。

ハマれば1着まで考えられる能力を持つ馬ですが、今回は厳しい評価で考えています。

クリノガウディー ラップ適性評価

スプリンターズS2021_クリノガウディー_ラップマトリックス

注目馬の最後となる3頭目には、クリノガウディーを取り上げます。

上図はクリノガウディーの直近10戦のラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

クリノガウディーのラップ適性の特徴は、底力戦×超高速ラップもしくは高速ラップのレースに強いことがあげられます。鞍馬ステークス、安土城ステークス、セントウルステークスの直近3走は、いずれもこのラップ適性に該当します。

スプリンターズステークスに対するラップ適性については、好走を見せているこの直近3走のレースが合致して高く評価できます。

セントウルステークスでは、ラスト1ハロンで「減速のギアチェンジ」が生じています。その点を考慮すれば、クリノガウディーはスプリンターズステークスに対して高いラップ適性が見込めると考えます。

ラップ適性の評価は、「B+」と高評価をつけます。

左回り巧者のため右回りの今回はやや割引が必要ですが、それでも3着候補の一頭としてはしっかりとマークしておきたいと考えています。

スプリンターズステークス2021 推奨穴馬 ラップ適性評価

それでは、この記事の最後にラップ分析から考える推奨穴馬についてご紹介します。

推奨穴馬には「アウィルアウェイ」を取り上げます。

スプリンターズS2021_アウィルアウェイ_ラップマトリックス

上図はアウィルアウェイの直近10戦のラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

アウィルアウェイのラップ適性の特徴は、底力戦×超高速ラップ・中速ラップのレースに強いことがあげられます。

良馬場と言う条件がつきますが、ラスト1ハロンに「減速のギアチェンジ」が生じ、差し脚が活きる展開になると一線級のメンバー相手でも高いパフォーマンスを発揮してくることがアウィルアウェイの特徴です。このアウィルアウェイの特徴である鋭い差し脚が活きるほど、前傾ラップのタフな展開になるかどうかが好走の鍵となります。

スプリンターズS2021_アウィルアウェイ_個別ラップ

スプリンターズステークスに対するラップ適性については、昨年のスプリンターズステークスでの3着の実績がありますのでラップ適性・レース適性ともに高いものが見込めます。ラップ適性の評価は「B+」と高評価をつけます。

今回のメンバー構成を見る限り、逃げを強く主張するタイプのモズスーパーフレア、ビアンフェ、そして暴走が懸念されるメイケイエールとかなりの前傾ラップ・ハイペースが想定されます。良馬場開催であれば、昨年同様に馬券圏内に絡み高配当を生み出す存在になり得る一頭と予想します。

ラップ適性から考える推奨穴馬には、アウィルアウェイを取り上げます。

この記事ではスプリンターズステークスの注目馬の評価とラップ分析から考える推奨穴馬についてご紹介しました。

ご紹介した内容がご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。