keibachiebukuro

【スプリンターズステークス2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、スプリンターズステークス(2021年)の本命馬をご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

スプリンターズステークス2021 本命馬

それでは早速ですが、今年のスプリンターズステークスの本命馬をご紹介します。

今年のスプリンターズステークスの本命馬ですが、「⑫レシステンシア」を推奨します。

本命候補としてあがったのはレシステンシア、ジャンダルム、ダノンスマッシュの3頭。その中でもレシステンシアとジャンダルムで迷いましたが、最終的にはレシステンシアを本命馬とします。

レシステンシア ラップ適性

スプリンターズステークス2021_レシステンシア_ラップマトリックス

上図はレシステンシアのデビュー戦から前走セントウルステークスまでのラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

レシステンシアのラップ適性の特徴は、底力戦・ワンペース戦のレースに強いことがあげられます。ラップスピードは超高速ラップ~超低速ラップまで幅広く、適応力は高いです。

ゴールに向けてラップが低速化していく「底力戦」や隊列が決まって以降ラップ高低差が少ない「ワンペース戦」であれば、ここまで連対を外しておらず、安定して高いパフォーマンスを発揮してきます。

スプリンターズステークスで求められるラップ適性は、「底力戦×ラップスピード11秒20〜11秒40」を想定します。得意の底力戦での一戦となりますから、今回も高いパフォーマンスを発揮して前走同様に勝ち負けの勝負になると予想します。

さらにレース前日の馬場傾向としては内有利で、逃げ・先行馬の好走が目立ちました。先行脚質のレシステンシアにとって、この馬場傾向も後押しします。

高い能力、そして底力戦に対する抜群の安定感を誇るラップ適性を根拠に、今年のスプリンターズステークスは「⑫レシステンシア」を本命で推奨します。