keibachiebukuro2

スプリンターズステークス2020予想|高松宮記念の雪辱を狙う本命馬!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、秋のスプリント王決定戦「スプリンターズステークス(G1)」の最終予想についてご紹介します。

ラップを軸に選ぶスプリンターズステークスの本命馬と推奨馬をご紹介します。馬券予想にぜひご参考ください。

スプリンターズステークス2020 本命馬

それでは早速ですが、スプリンターズステークスの本命馬についてご紹介します。

今年のスプリンターズステークスの本命馬は⑩グランアレグリアです!

今週の中山芝コースは先週同様に時計がかかる馬場傾向を示しています。また芝の内側は荒れており、外差し有利の傾向です。

その条件も味方して、グランアレグリアが高松宮記念の雪辱を果たすと予想します。

グランアレグリア ラップ適性

20200927_グランアレグリア ラップマトリックス

上図はグランアレグリアのデビュー戦から前走安田記念までのラップ適性をまとめた「ラップマトリックス」です。

ラップマトリックスから考えるグランアレグリアのラップ適性ですが、芝1400m~芝1600mの超高速ラップ・高速ラップに強いこと、そのラップ適性を軸にスプリント戦においてもラップスピードが超高速ラップにならなければ十分に対応できる、そのような適性を示しています。

このスプリント戦におけるグランアレグリアのラップ適性と今の中山の時計のかかる馬場下でのスプリンターズステークスのラップ適性がマッチすると考え、高く評価しています。

 

もともと能力的には、前走の安田記念でアーモンドアイやインディチャンプを相手に圧勝するほどの馬ですから1枚抜けています。

最終追切の動きも精神的な成長や操作性の良さを感じさせる動きで申し分ありません。

人気を集めそうですが、ここはグランアレグリアの競走馬としての絶対能力と今の馬場状況から考えるラップ適性のマッチ度を考慮して本命で推奨します。

スプリンターズステークス2020 推奨馬

ここからは本命馬グランアレグリアに継ぐ推奨馬について2頭ご紹介します。

まず推奨馬の1頭目は、⑬レッドアンシェルです。

前走の北九州記念はモズスーパーフレアを破って見事復活。前走から装着したブリンカー効果もテキメンでメンバーレベルが強化されても好走が期待できる一頭です。

ラップ適性としては、芝1200mであればオールラウンダーな適性を備えている同馬。芝1200mのスプリント戦は5戦3勝、3着1回と抜群の成績をあげています。

スタートさえうまく決めてくれれば、勝ち負けまで考えられます。

 

次に推奨馬の2頭目ですが、③ダノンスマッシュをあげます。

本来であればダイアトニックを推奨馬としてあげたかったのですが、最終追切の動きがいま一つで状態面に不安を覚えます。

そのような中で安定感を取ってダノンスマッシュをもう1頭の推奨馬として推します。

ラップ適性としてはスプリント戦の超高速ラップ・高速ラップに強い馬のため、今の中山の馬場との相性は若干疑問ですが、自在性のある脚質は大きな魅力。

鞍上の川田騎手の気合も感じますし、この馬も馬券的には抑えておきたい一頭です。

 

以上、この記事ではスプリンターズステークス2020の最終予想についてご紹介しました。

ご紹介した内容がスプリンターズステークスを予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。