keibachiebukuro2

【高松宮記念2021予想】ラップ分析からは3強ではなく1強!推奨馬を公開

こんにちは。KAZUです。

この記事では、春のスプリント王決定戦「高松宮記念」の予想について特集します。

ご紹介する内容は、高松宮記念の予想のポイントとなるラップ分析と有力馬3頭レシステンシア、ダノンスマッシュ、インディチャンプのラップ適性、そしてラップ適性から考える推奨馬の3点についてです。

高松宮記念をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

高松宮記念2021 ラップ分析

高松宮記念2021_ラップ分析_求められるラップ適性

この記事の初めに高松宮記念の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の高松宮記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

高松宮記念のラップ適性の特徴は、スプリント王決定戦らしい底力勝負かつ超高速ラップの一戦であること。
過去5年の高松宮記念の脚質型は底力型が4回と底力に対する適性が求められることが分かります。
またラップスピードについては、良馬場であれば超高速ラップ「ラップスピード11秒10~11秒30」が基本です。

ただポイントとなるのが、あくまでも良馬場を想定した場合に超高速ラップであるということ。
道悪馬場開催となった2017年や2020年はラップスピート11秒45とスプリントG1競走としては、やや時計のかかる傾向を示しています。
この馬場によるラップスピートの変化は、マイル路線から挑む馬が多い今年の高松宮記念において大きな予想のポイントと言えます。

そのような中で、あくまでも1週前の時点では良馬場を想定した上で求められるラップ適性を分析すると、「底力型×ラップスピード11秒10~11秒30」。
この内容が求められるラップ適性と考えます。

次以降にご紹介する有力馬3頭レシステンシア、ダノンスマッシュ、インディチャンプのラップ適性については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

高松宮記念2021 有力馬ラップ適性

それでは、ここからは高松宮記念の有力馬3頭レシステンシア、ダノンスマッシュ、インディチャンプのラップ適性について評価を行っていきます。

なお、このラップ適性についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っていきます。

レシステンシア ラップ適性

高松宮記念2021_ラップ分析(正)_レシステンシア

まず初めに想定1番人気の「レシステンシア」を取り上げます。

こちらはレシステンシアのデビュー戦から前走阪急杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからレシステンシアのラップ適性を分析すると、「超底力型~持続力型×ラップスピード11秒30~12秒00」のレースを得意にしていることが分かります。
前傾ラップもしくはワンペースな展開に持ち込み、持久力戦に持ち込んで良い馬と言え、道悪馬場によるラップスピートの低速化に対する適応力も高いものを備えています。

高松宮記念で求められるラップ適性「底力型×ラップスピード11秒10~11秒30」に対してはここまで経験はなく、適性が近接するレースはありません。
ただしラップマトリックスの左下、脚質型として底力型、ラップスピートとして高速ラップに傾けば傾くほどパフォーマンスを上げてくる傾向にあることを考慮すると、高松宮記念に対するラップ適性も一定のものが見込めそうです。
そのため、ラップ適性の評価は「B+」と高い評価をつけます。

初のスプリント戦ということで、パンパンの良馬場での超高速ラップになると不安が生じますが、道悪でラップスピートが低速化すると前走に続く勝機が生まれそうです。
高いラップ適性から馬券圏内を確保する確率は高いとして、その上で1着・2着、勝ち負けまでいけるかどうかは馬場が大きなポイントと考えています。

ダノンスマッシュ ラップ適性

ダノンスマッシュ2

次に「ダノンスマッシュ」を取り上げます。

上図はダノンスマッシュの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからダノンスマッシュのラップ適性を分析すると、「超底力型~底力型×ラップスピード11秒10~11秒50」のレースを得意にしていることが分かります。
父ロードカナロア同様にスピードが自慢で、早い時計勝負のスプリント戦で高いパフォーマンスを発揮してくることがダノンスマッシュの特徴です。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては一昨年のスプリンターズステークス、昨年のオーシャンステークスと2戦して1勝、3着1回と好成績をあげています。
適性が近接するセントウルステークスの勝利も考慮すると、高松宮記念に対するダノンスマッシュのラップ適性は非常に高いものが見込めます。
ラップ適性は文句なしの「A」評価です。

このように高松宮記念に対して非常に高いラップ適性が見込めるダノンスマッシュですが、懸念材料がないわけではありません。
それは道悪馬場によるラップスピードの低速化に弱いこと。そのため道悪馬場になると評価を割り引く必要があります。

そのような点で考えれば、レシステンシア同様にダノンスマッシュも馬場状態が予想のポイントと言えます。

いずれにせよ、この馬のスピードが活きる良馬場開催であればラップ適性は抜群。
良いコンディションでレースが行われるようであれば、このダノンスマッシュを強く推奨したいです。

インディチャンプ ラップ適性

インディチャンプ2

この記事の最後に「インディチャンプ」を取り上げます。

上図はインディチャンプの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからインディチャンプのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒40~11秒70」のレースを得意にしていることが分かります。
京都芝1600mで開催されるマイルチャンピオンシップなどに代表されるマイル戦の4ハロン勝負がインディチャンプにとって最も高いパフォーマンスを発揮する舞台と考えています。

高松宮記念で求められるラップ適性に対してはここまで経験はなく、適性が近接するレースはありません。
その上で分析を進めていくと、高松宮記念で求められるラップ適性と適性が最も近接する阪神カップは3着、前走の阪急杯は4着という結果。
この2戦の結果を見る限り、高松宮記念に対するインディチャンプのラップ適性は高い評価ができません。
そのため、ラップ適性の評価は「B-」と厳しい評価です。

芝1400mとなった前々走の阪神カップ、前走の阪急杯では追走に苦労する印象を受けています。
良馬場の超高速ラップ下になると、前々走・前走以上に道中の追走に苦しむのではないかと考えています。

競走馬としての本質的な能力はメンバー中1、2を争うと考えていますが、ラップ適性からは道悪馬場でラップスピートが低速化しない限り、買いづらい一頭です。

高松宮記念2021 まとめ

今回ご紹介した内容から、現時点でラップ適性から考える高松宮記念の推奨馬についてですが、非常に高いラップ適性が期待できるダノンスマッシュをあげます。

ただし、良馬場の超高速ラップ下想定という条件をつけさせて下さい。
この条件下であれば、ラップ適性からはダノンスマッシュを強く推奨できます。

馬場状態も含めた最終的な本命馬については、レース前日の土曜日に別の動画でご紹介をできればと思います。
また週半ばには、有力馬3頭を除くラップ適性から考える特注馬についても別の記事で特集できればと考えています。

以上、この記事では高松宮記念の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。