keibachiebukuro

【高松宮記念2022 予想】サリオスなど注目馬をラップ分析!

こんにちは!

この記事では、高松宮記念の注目馬のラップ適性の評価について特集します。

なお有力馬3頭、レシステンシア、メイケイエール、グレナディアガーズのラップ適性の評価については、過去の記事でご紹介しています。
またチェックされていない方は、あわせてご参考ください。

【高松宮記念2022 予想】レシステンシアなど有力馬をラップ分析!

高松宮記念2022 注目馬 ラップ適性

サリオス

それでは高松宮記念の注目馬のラップ適性の評価についてご紹介します。
まず初めに、「サリオス」を取り上げます。

こちらは、サリオスのラップマトリックスです。
プロットしたグラフには、直近のレース名と馬場状態、着順、レース全体の上がり3ハロンを記載しています。その上で緑で囲ったゾーンはその馬が得意とするラップ適性、赤いゾーンは良馬場、青いゾーンは道悪馬場において該当レースで求められるラップ適性となっています。

サリオスのラップ適性の特徴は、「底力型〜瞬発力型×ラップスピード11秒60〜12秒10」のレースで良積を残していることがあげられます。
マイル戦で超高速ラップとなった安田記念8着やマイルCS5着の結果を見る限り、ラップスピードは高速ラップから中速ラップのやや時計がかかった方がよい馬です。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては、良馬場・道悪馬場ともに適性が合致するレースはありません。
先ほどのラップ適性の特徴もふまえるとスプリントG1へのラップ適性は懐疑的です。

S、A+、A、B+、B、C+、C、Dで評価するラップ適性の評価は、良馬場で「B-」評価、道悪馬場で「B+」、総合評価「B」評価とします。

海外遠征帰りで前走から400mの距離短縮で臨む一戦とローテーションについても気になります。
また松山騎手の落馬負傷により、乗り替わりになることも割引材料。

このような背景と人気先行型の馬であることもふまえると、今回、基本は見送りしたい一頭と考えます。

ダイアトニック

注目馬の2頭目には、「ダイアトニック」を取り上げます。

こちらは、ダイアトニックのラップマトリックスです。

ダイアトニックのラップ適性の特徴は、「底力型〜持続力型×ラップスピード11秒25〜11秒50」のレースで良績を残していることがあげられます。
骨折明けで本調子でなかった時期を除けば、芝1200m〜芝1400mにおいては脚質型やラップスピードを問わず、安定した力を発揮してきます。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては、良馬場においては函館スプリントステークス1着の適性が合致。また道悪馬場であれば、前走の阪急杯1着や一昨年の高松宮記念3着を含む4戦が合致して、1勝、3着2回と好成績をあげています。

ラップ適性の評価は、良馬場で「A」評価、道悪馬場で「A」、総合評価「A」評価とします。

高松宮記念は一昨年で3着の実績があるレース。
このレースは直線で不利さえなければ、勝っていた可能性もあるレースです。
レース適性も高いものが見込めるでしょう。

上位人気3頭と真っ向勝負になるとさすがに敵わない評価ですが、前残りの馬場傾向で内枠を引く、このような条件が揃うと上位人気馬を切り崩しての勝ち負けまで期待したい一頭です。

ナランフレグ

注目馬の4頭目には、「ナランフレグ」を取り上げます。

こちらは、ナランフレグのラップマトリックスです。

ナランフレグのラップ適性の特徴は、「底力型〜持続力型×ラップスピード11秒30〜11秒50」のレースで良績を残していることがあげられます。
スプリント戦でも非常に速い時計が出る超高速ラップのレースにおいては捉えきれず着外が多いですが、ある程度時計がかかるレース、馬場的に差しが届く状況になってくると豪快な末脚で着順を上げてきます。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては、良馬場においては前走のオーシャンステークス2着など5戦が合致して、2着1回、3着1回。
また道悪馬場であれば、タンザナイトステークス1着の適性が合致します。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B+」評価、道悪馬場で「B+」、総合評価「B+」評価とします。

良馬場開催、道悪馬場開催、どちらにおいても水準以上のラップ適性は見込めます。
また直近のレース内容のパフォーマンスは、今回とはメンバーレベルが落ちるとはいえ高いものを見せています。

あとは、この馬の末脚が活きる差しが届く馬場傾向になるかどうか、また展開が後方有利に働くかどうかでしょう。

トゥラヴェスーラ

注目馬の4頭目には、「トゥラヴェスーラ」を取り上げます。

こちらは、トゥラヴェスーラのラップマトリックスです。

トゥラヴェスーラのラップ適性の特徴は、「底力型〜持続力型×ラップスピード11秒25〜11秒50」のレースで良績を残していることがあげられます。

もともとは先行・好位からレースを進める脚質でしたが、3走前の昨年の高松宮記念から差し・追込む形に脚質を転換。
それ以降は、底力型や持続力型の超高速ラップや高速ラップのレースで高いパフォーマンスを発揮しています。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては、良馬場においてはセントウルステークス6着、シルクロードステークス15着の適性が合致します。
また道悪馬場であれば、昨年の高松宮記念4着のレースを含む4戦が合致して1勝、2着2回、4着1回と好成績を残しています。

ラップ適性の評価は、良馬場で「B」評価、道悪馬場で「A+」、総合評価「A」評価とします。

ここまで道悪馬場での3着内実績はない馬なのですが、ラップ適性と昨年の高松宮記念の走りを見る限り、個人的には道悪適性を感じる一頭。

ナランフレグ同様に差し・追込みの穴馬候補としては非常に面白いと感じる馬。
その上で開催時の馬場が道悪になれば、強く推したい一頭です。

高松宮記念2022 まとめ

ここまで高松宮記念の注目馬のラップ適性の評価についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までご視聴いただき、ありがとうございました。