keibachiebukuro

【宝塚記念2020 予想】サートゥルナーリアのラップ適性を徹底考察!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、上半期の総決算「宝塚記念(G1)」の予想として最有力馬であるサートゥルナーリアを特集します!

ご紹介する内容は、サートゥルナーリアのラップ適性についてです。

なお、ラップ適性など宝塚記念の予想のポイントは下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていないという方は、こちらの記事もご参考ください!

関連記事

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!この記事では、上半期の総決算「宝塚記念(G1)」の予想について特集します!ご紹介する内容は、宝塚記念のラップ適性、血統、レース傾[…]

keibachiebukuro

馬券予想に、ぜひご参考ください!

サートゥルナーリア 考察

こちらはサートゥルナーリアのラップマトリックスです。

サートゥルナーリア ラップ適性

ラップマトリックスからサートゥルナーリアのラップ適性を分析すると、中距離戦においてラップスピードが12秒台の中速ラップのレースで強いことが分かります。また脚質型においては、中距離戦の中速ラップという条件であれば、有馬記念の底力型から金鯱賞の超瞬発力型まで幅広くこなしオールラウンダーな資質を備えます

宝塚記念のラップ適性である「持続力型×ラップスピード11.90~12.10」に該当するレースの経験はありませんが、このようなラップマトリックスの傾向から宝塚記念に対する高いラップ適性が見込めるといえます。

 

さらにサートゥルナーリアは急坂コースを得意としており、急坂コースはここまで中山、阪神、中京と6戦して5勝、2着1回と抜群の成績を残しています。この傾向から、小回り急坂コースは歓迎といったところです。またタフな展開となった有馬記念で好走している点からスタミナ面も問題ありません。

 

気になる状態についてですが、1週前の追切では栗東CWでルメール騎手を背に馬なりで6F79.8-ラスト1F11.2という規格外の時計をマークしています。状態は申し分なく、陣営からは「成長している」とのコメントも出ています。また重ねて陣営からは、「馬場が渋っても問題ない」とのコメントも出ていますので道悪適性も見込めます。

このように「死角がない」といっても過言ではないサートゥルナーリア。
唯一気になる点をあげるとすれば、レース前にテンションが上がらないかどうか。この点は無観客レースがプラスに働きそうですが、レース直前まで状態をチェックしたいところでしょう。

 

いずれにせよ、レース前のテンションさえ問題なければ勝ち負け必須の一頭と考えます。そのため、ラップ適性をふまえた総合評価は「S」と最高の評価をしたいと思います!

 

以上、この記事では「宝塚記念」の最有力馬であるサートゥルナーリアについて特集しました!

なおサートゥルナーリア以外の出走予定馬の見解については、下記の宝塚記念の特集ページで順次見解記事をアップしていく予定です。あわせてご参考ください!

宝塚記念 特集ページ

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。