keibachiebukuro2

【天皇賞秋2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬・対抗馬を公開!

この記事では、天皇賞秋(2021年)の最終予想として本命馬や対抗馬をご紹介します。

馬券予想にぜひご参考ください。

天皇賞秋2021 本命馬

それでは早速ですが、天皇賞秋の本命馬をご紹介します。

今年の天皇賞秋の本命馬ですが、①コントレイルを推奨します。

天皇賞秋で求められるラップの傾向「高速持続ラップ下の瞬発力勝負」に対しては、非常に高い適性を示すコントレイル。
レース開催前後の雨予報はかなり心配な要素ですが、馬場状態はコントレイルのパフォーマンスが発揮できる状態がぎりぎり持つ、そして三冠馬の自力に期待して本命馬として推奨します。

天皇賞・秋2021_コントレイル

上図はコントレイルのデビュー戦から前走大阪杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからコントレイルのラップ適性を分析すると、「持続力型〜超瞬発力型×ラップスピード11秒60〜12秒40」のレースを得意にしていることが分かります。

天皇賞秋で求められるラップ適性「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒60〜11秒80」に対しては、2歳時となりますが東スポ杯2歳ステークスのレースが合致します。
このレースは天皇賞秋のラップの傾向となる高速持続ラップ下の瞬発力勝負となったレースです。この天皇賞秋と同じラップ条件下となるレースにおいて、コントレイルは圧倒的なパフォーマンスを見せて勝利しています。

このような背景から、コントレイルは天皇賞秋に対して非常に高いラップ適性が見込めると考えます。

ラップ適性はメンバー中ナンバー1と考えるコントレイル。
あとはスタートを決めて好位からレースを進められる展開を期待するばかりです。

序盤の隊列が決まる200mさえうまくこなせれば、グランアレグリア、エフフォーリアを下す三冠馬の強い走りが見られると予想します。

今年の天皇賞秋は、コントレイルを本命で推奨します。

天皇賞秋2021 対抗馬・単穴馬

ここからは、天皇賞秋の対抗馬や単穴馬などをご紹介します。

まず対抗馬ですが、⑤エフフォーリアを推奨します。
今年のハイレベルな3歳世代を牽引する一頭。高いラップ適性も見込め、先行できる脚質はBコース替わりで内・外の差がなくなった馬場傾向も味方します。

次に単穴馬には、⑨グランアレグリアを推奨します。
競走馬の能力比較では最上位クラスと考えるグランアレグリア。この馬もコントレイルやエフフォーリア同様に高いラップ適性が見込めます。距離適性から3強の中では3番手評価となりましたが、雨が降らずこの馬のスピードが活きる馬場状態でレースが開催されれば1着も十二分に視野に入ります。

最後に推奨穴馬として取り上げたいのが、⑮ヒシイグアス。
外枠や長期休養明けという点はマイナス材料ですが、ラップ適性では上位3頭と劣らない高い適性が見込めます。オッズも見込める点を加味すると、穴馬として馬券に絡めて面白い一頭と判断しています。