top1

【天保山ステークス2020 予想】ラップ適性抜群!自信の推奨馬を公開!!

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、天保山ステークスの予想について特集します!

この記事でご紹介する内容は、天保山ステークスのラップ分析と推奨馬の2点です。

ラップ分析からしっかりと予想していきます。
馬券予想にぜひご参考ください!

天保山ステークス ラップ分析

まず初めに、天保山ステークスの予想のポイントとなるラップ分析についてご紹介します!

 

こちらは、直近5年の天保山ステークスの1ハロン毎のラップの推移をまとめたグラフです。

天保山S ラップ傾向

グラフを見て分かる通り、天保山ステークスは明らかな後傾ラップが特徴のレースで、ラップ適性として「底力」の適性が求められるレースです。

実際に、脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性について直近5年の傾向を分析すると、脚質型は超底力型が3回、底力型が1回となっており、平均においても底力型となっています。

天保山S ラップ適性

また高速レースなのか、時計がかかるレースなのかを示す1ハロン平均のラップスピードについては、平均値が11.81です。

このラップスピードは、ダート戦ではかなりの高速ラップといえるでしょう。

 

このような傾向である天保山ステークスで求められるラップ適性ですが、「超底力型・底力型×ラップスピード11.70~11.90 」に設定します。

次以降でご紹介する推奨馬については、この天保山ステークスで求められるラップ適性を判断軸に選んでいきます!

 

天保山ステークス 推奨馬

それではここからは、天保山ステークスのラップ適性から考える推奨馬についてご紹介します!

 

推奨馬:⑫レッドルゼル

天保山ステークスの推奨馬は、レッドルゼルです!

1番人気想定となりますが、ここはラップ適性抜群のレッドルゼルを推奨します。

 

こちらは、レッドルゼルのラップマトリックスです。

レッドルゼル ラップ適性

このラップマトリックスとは、ラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(RPCI)を横軸に取り、過去のレースのラップ適性と結果を散布図にまとめたものです。

赤い四角枠が該当レースで求められるラップ適性で、この枠内のレースの結果、ならびに近接するレースの結果から、その馬のレースに対するラップ適性が分かります。

 

天保山ステークスで求められるラップ適性である「超底力型・底力型×ラップスピード11.70~11.90 」に該当するレースは4戦。

前走のコーラルステークス、前々走の橿原(かしはら)ステークス、銀嶺(ぎんれい)ステークス、新馬戦となります。なお新馬戦については、芝レースで行われているので参考外と考えてよいでしょう。

このラップ適性に合致するレースの中でも、特に評価できるのが前走のコーラルステークスです。このコーラルステークスでは、目下、天王山ステークス、栗東ステークスと連勝しているサクセスエナジーを力でねじ伏せて勝っています。

天保山ステークスに合致するラップ適性で、サクセスエナジーに勝ちきるわけですから、高いラップ適性と能力が見込めると考えます。

 

状態についても、1週前に栗東坂路で4ハロン51.3の高時計をマークしていますし、最終追切も馬なりで4ハロン54.1-ラスト1ハロン12.0をマーク。

加速ラップで駆け抜けていますし、力はしっかりと発揮できる状態です。

 

このような背景が整えば、断然1番人気が想定される馬ですが逆らえません。

レッドルゼルを天保山ステークスの推奨馬として推します!

 

以上、この記事では「天保山ステークス」のラップ分析と推奨馬について特集しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。