東京新聞杯2021

【東京新聞杯2021】ラップ分析で最終予想!勝ち負け必須の本命馬公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、日曜日の東京の重賞レース「東京新聞杯」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は東京新聞杯の有力馬のラップ適性、そして最終予想となる本命馬についてです。

東京新聞杯をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

東京新聞杯2021 有力馬ラップ適性

この記事の初めに東京新聞杯の有力馬のラップ適性についてご紹介していきます。

東京新聞杯2021 トリプルエース

まずは、ルメール騎手鞍上で注目のトリプルエースを取り上げます。

こちらはトリプルエースの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東京新聞杯 トリプルエース

このラップマトリックスからトリプルエースのラップ適性を分析すると、高速ラップの超底力型もしくは底力型のレースに強いことが分かります。
ラップ適性からは前傾ラップのタフな展開になり、ラストはバテテからの底力勝負のレースが合う馬と言えます。

東京新聞杯で求められるラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒50~11秒70」に対しては、知多特別、京都金杯と2戦していずれも着外。
新馬戦を除けば連対したレースはいずれも超底力型か底力型のレースですから、東京新聞杯に対するラップ適性は疑問視しています。

鞍上がルメール騎手ですからうまく乗って馬券圏内は考えられますが、ラップ適性としては評価しづらい一頭です。

東京新聞杯2021 シャドウディーヴァ

次に「シャドウディーヴァ」を取り上げます。

こちらはシャドウディーヴァの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東京新聞杯2021 シャドウディーヴァ

ラップマトリックスからシャドウディーヴァのラップ適性を分析すると、高速ラップから中速ラップにおける底力型からバランス型のレースに強いことが分かります。
このラップ適性のレースであれば、ハマった時は牡馬一線級の馬に対しても引けを取らない高いパフォーマンスを発揮してきます。

東京新聞杯に対するラップ適性については昨年の同レース2着の実績馬ですから、当然ながら高い適性が見込めます。

ただし、昨年の超高速ラップとなったヴィクトリアマイルで10着と凡走したように、高速馬場の超高速ラップの条件となるレースは向きません。
その点で考えれば、高速馬場下で速い時計決着が想定される今の東京芝コースとの相性はいま一つ。

2着、3着候補までの評価で留めたい一頭です。

東京新聞杯2021 カラテ

続いて「カラテ」を取り上げます。

こちらはカラテの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東京新聞杯2021 カラテ

ラップマトリックスからカラテのラップ適性を分析すると、高速ラップから中速ラップの持続力型もしくはバランス型のレースで結果を残していることが分かります。

前走の若潮ステークスは今年の東京新聞杯で求められるラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒50~11秒70」と合致するレースで、このレースを快勝している点から高いラップ適性が見込めます。

昇級初戦のいきなりの重賞挑戦ですから、単純な能力比較で考えれば上位陣との差はそれなりにあるとは思います。
ただ、この2戦の連勝の勢いならびに高いラップ適性を活かして、その差を埋めてくることも考えられる一頭。

そのような背景から、1週前の段階では穴馬筆頭格で単勝オッズで15倍以上つくのであれば、本命にしたいと思うほど高評価でした。
しかし蓋を開けてみると、土曜日19時30分時点の単勝オッズは9.5倍と想定を大きく超える人気ぶり。

これでは逆に買いづらいところです。
そのため1週前は楽しみに狙っていた馬ですが、最終的には注目馬に留める形となりました。

東京新聞杯2021 本命馬

それではここからは、東京新聞杯の最終予想として本命馬についてご紹介していきます。

今年の東京新聞杯の本命馬ですが、「ヴァンドギャルド」を推奨します。

こちらはヴァンドギャルドの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東京新聞杯 ヴァンドギャルド

このラップマトリックスからヴァンドギャルドのラップ適性を分析すると、高速ラップの底力型からバランス型のレースに強いことが分かります。
ウェルカムステークスで中速ラップへの適性を示しているとはいえ、ヴァンドギャルドにとってはこの高速ラップの底力型からバランス型がベストと言えるでしょう。

東京新聞杯で求められるラップ適性に対しては、昨年の東京新聞杯、1勝クラス、マイラーズC、マイルチャンピオンシップと4戦して1勝、3着1回。
馬券圏外を外した2戦についても昨年の東京新聞杯は出遅れて勝馬プリモシーンとコンマ2秒差の6着、マイルチャンピオンシップはマイル決定戦での6着ですから悲観する内容ではありません。

そのため、東京新聞杯に対するラップ適性は非常に高いものが見込め、メンバー中ナンバー1と評価します。

今の東京の高速馬場の条件も合いますし、10週以上間隔を空けてフレッシュな状態で臨むレースは、ここまで4戦して2勝、3着1回と好成績。
好走条件は揃っています。

あとは昨年のようなスタートでの出遅れがないことを祈るばかり。
スタートさえしっかりと決めてくれれば、このメンバーであれば勝ち負け必須でしょう。

このような背景から、今年の東京新聞杯は「ヴァンドギャルド」で勝負します!

東京新聞杯2021 まとめ

この記事では「東京新聞杯」の有力馬のラップ適性、そして最終予想となる本命馬についてご紹介しました。

今年の東京新聞杯の本命はヴァンドギャルド。
1番人気が想定されますが、この馬の高いラップ適性には逆らえません。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。