toukais

東海ステークス2021 予想|インティ超えに期待!ラップ分析で選ぶ本命馬!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、日曜日の中京の重賞レース「東海ステークス」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は東海ステークスの最有力馬インティのラップ適性と注目の穴馬、そして最終予想となる本命馬についてです。

ラップ分析から東海ステークスをしっかりと予想していきます。ぜひ最後までお読みください。

東海ステークス2021 インティ

この記事の初めに最有力馬となる「インティ」のラップ適性についてご紹介します。

こちらはインティの地方交流重賞を除く直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

 

このラップマトリックスからインティのラップ適性を分析すると、高速ラップ~中速ラップの持続力型もしくはバランス型のレースで高いパフォーマンスを発揮していることが分かります。
得意とするワンペースな自分の形に持ち込めば強い、そのように表現できるラップ適性です。

道悪馬場開催を想定する今年の東海ステークスで求められるラップ適性は「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒20~12秒40」を想定しています。その求められるラップ適性に対してもインティ自身のラップ適性がしっかりとカバーできています。2年連続で東海ステークスを好走している点から当然と言えば当然ですが、高いラップ適性が見込めます。
A、B、Cの3段階評価で行うラップ適性も「A」と高評価です。

中京ダート1800mについても4戦して2勝、3着2回とコース適性は申し分ありません。
このような背景から普通に考えれば、ここはインティが本命でしょう。

ただし気になったのが、インティのムラッ気。
気分よく自分の形で走ることができればここも勝ち負け必須と予想しますが、逆に自分の形を作れなければ凡走の可能性もある馬であることは間違いありません。

想定単勝オッズ2倍台前半で人気が集中するであろうことも考慮すると、本命馬としては推奨しづらい部分もあります。
そのため、今回は本命馬には選びませんでした。

東海ステークス2021 注目穴馬

ここまで最有力馬「インティ」の評価についてご紹介しました。
ここからは本命馬のご紹介の前に、配当妙味を生み出す注目の穴馬についてご紹介します。

今年の東海ステークスの注目穴馬ですが、「⑬デュードヴァン」を取り上げます。

こちらはデュードヴァンのデビュー戦から前走師走ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東海S2021 デュードヴァン5

このラップマトリックスからデュードヴァンのラップ適性を分析すると、高速ラップ~中速ラップの底力型もしくは持続力型のレースで良績をあげていることが分かります。
マイル戦を中心に道中のペースが流れた上で、しっかりと脚を溜めてラストに末脚を爆発させる展開がデュードヴァンの好走パターンです。

このデュードヴァンのラップ適性は、東海ステークスで求められるラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒20~12秒40」とはややズレるものの高速ラップに強いという点は高評価。
今年の東海ステークスは道悪馬場開催で高速時計決着が想定されます。この条件下であれば、デュードヴァンの魅力は十分でしょう。

脚質として展開に左右される点は間違いなく、末脚伸びるも馬券圏外というパターンも想定されます。
その一方でペースが前傾ラップで脚質型が底力型に傾き、後方からの豪脚一閃というパターンも考えられます。

距離適性から200m長い印象ですが、後方からしっかりと脚を溜めて直線一気に駆ける形で展開さえ揃えば穴馬としては非常に面白い一頭。
今年の東海ステークスで馬券の配当妙味を生み出すのは、デュードヴァンと考えています。

東海ステークス2021 本命馬

それではここからは、東海ステークスの本命馬をご紹介していきます。

今年の東海ステークスの本命馬ですが、高いラップ適性と連勝の勢いを勝って「オーヴェルニュ」を本命で推奨します。

こちらはオーヴェルニュの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

東海S2021 オーヴェルニュ2

このラップマトリックスからオーヴェルニュのラップ適性を分析すると、中速ラップの持続力型に強いことが分かります。
東海ステークスで求められるラップ適性に対しても1勝クラスの勝利をはじめ、近接するレースで3勝をあげており高評価。ラップ適性も「A」評価です。

なかでも東海ステークスと同コースとなる3勝クラスの名古屋城ステークスでの快勝が高く評価できます。
このレースのラップ適性は「持続力型×ラップスピード12秒10」。道悪馬場下で高速決着が想定されるかつ持続力型が予想される今年の東海ステークスにおいて、このラップ適性のレースを快勝している点は買い材料と捉えています。
ここも好勝負を期待してよいでしょう。

ダート一線級「インティ」との力関係は若干気になるものの、高いラップ適性と直近2連勝の勢いもあって、ここで「インティ超え」があってもおかしくない一頭。
期待値は非常に高いです!

今年の東海ステークスは「オーヴェルニュ」を本命で推奨します。

東海ステークス2021 まとめ

この記事では東海ステークスの最有力馬インティのラップ適性と注目の穴馬、そして最終予想となる本命馬についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。