keibachiebukuro2

朝日杯フューチュリティステークス2020 最終予想|ラップ分析からは選ぶ本命馬公開!

こんにちは!
いつも競馬知恵袋をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の2歳G1「朝日杯フューチュリティステークス」の最終予想について特集します!
ご紹介する内容は朝日杯フューチュリティステークスの本命、対抗、単穴の3頭についてです。

なお朝日杯フューチュリティステークスの予想の前提となるラップ分析については、週初めにアップした過去の記事で特集しています。
この記事についてはその内容を割愛しますので、まだ予想のポイントをチェックされていない方は下記の記事から内容をご参考ください。

関連記事

こんにちは!いつも競馬知恵袋をお読みいただき、ありがとうございます。この記事では、注目の2歳G1「朝日杯フューチュリティステークス」の予想について特集します!ご紹介する内容は朝日杯フューチュリティステークスの予想のポイントと[…]

keibachiebukuro2

それでは朝日杯フューチュリティステークスの最終予想となる本命、対抗、単穴の3頭ついてご紹介していきます。

朝日杯フューチュリティステークス 本命

まず初めにご紹介するのが、朝日杯フューチュリティステークスの本命馬についてです。

今年の朝日杯フューチュリティステークスの本命馬ですが、穴馬狙いで④ショックアクションを推奨します。

朝日杯フューチュリティステークス ショックアクション1

こちらはショックアクションのデビュー戦から前走新潟2歳ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからショックアクションのラップ適性を分析すると、高速ラップから中速ラップの持続力勝負のレースに強いことがあげられます。

朝日杯フューチュリティステークスに対するラップ適性についても、前走の新潟2歳ステークスのラップ適性が近接しており高評価です。

実際に前走の新潟2歳ステークスの個別ラップと直近5年平均の朝日杯フューチュリティステークスの個別ラップの推移を比較すると、その傾向が非常に似ていることが分かります。
この新潟2歳ステークスのラップ傾向は高く評価したいところです。

朝日杯フューチュリティステークス ショックアクション2

レース内容やレースレベルにおいてもブルーシンフォニーやシュヴァリエローズ、同じ朝日杯フューチュリティステークスに出走予定のロードマックスを力でねじ伏せており評価ができます。
また、その走りからはパワー型マイラーという印象を受け、阪神芝1600mのコース形態は合いそうです。

このように非常に高いラップ適性が見込めるショックアクション。
1番気にしていた状態面についても、最終追切で良い動きを見せており好印象です。最終追切は栗東坂路で行われ4ハロン52秒8、ラスト1ハロン11秒9の加速ラップの時計をマークしており、走りもパワフルで好走を予感させます。

さらに配当妙味も見込める点も魅力です。

このような背景から今年の朝日杯フューチュリティステークスは、ショックアクションを本命馬で推奨します。

朝日杯フューチュリティステークス2020 対抗

次に取り上げるのが対抗馬についてです。

朝日杯フューチュリティステークスの対抗馬ですが、⑧レッドベルオーブを推奨します。

朝日杯FS2020 レッドベルオーブ1

こちらはレッドベルオーブのデビュー戦、未勝利戦、前走デイリー杯2歳ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからレッドベルオーブのラップ適性を分析すると、高速ラップの底力型や持続力型のレースに強いことが分かります。
また高速馬場の高速ラップ勝負でベストパフォーマンスを発揮する傾向にある点もポイントです。

朝日杯フューチュリティステークスに対するラップ適性においては、前走の朝日杯フューチュリティステークスと同舞台で行われたデイリー杯2歳ステークスの勝利が高く評価できます。

実際に直近5年平均の朝日杯フューチュリティステークスの個別ラップとデイリー杯2歳ステークスの個別ラップの推移を比較すると、朝日杯フューチュリティステークスと似た傾向かつ厳しい流れの展開を粘り強く勝ちきっていることが分かります。

朝日杯FS2020 レッドベルオーブ2

このような背景からレッドベルオーブは、朝日杯フューチュリティステークスに対して高いラップ適性が見込めます。

土曜日のレースを見る限り、今週も阪神芝コースは比較的速い時計が出る高速馬場寄りの馬場傾向を示しています。

高いラップ適性に得意とする高速馬場という条件が揃うのであれば、やはりレッドベルオーブは外せない馬と予想します。

朝日杯フューチュリティステークス2020 単穴

最後に取り上げるのが、朝日杯フューチュリティステークスの単穴馬です。

朝日杯フューチュリティステークスの単穴馬ですが、⑬ホウオウアマゾンです。

朝日杯フューチュリティステークス ホウオウアマゾン

こちらはホウオウアマゾンのデビュー戦から前走デイリー杯2歳ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるホウオウアマゾンのラップ適性ですが、脚質型は持続力型から瞬発力型、ラップスピードは高速ラップから低速ラップまでこなしており、オールラウンダーなラップ適性であることがあげられます。

先週の阪神ジュベナイルフィリーズのソダシのラップ適性の際にもご紹介しましたが、2歳時の段階でオールラウンダーなラップ適性を示す馬というのは、総じて能力が高い馬が多く高評価です。
展開を選ばず毎レース確実に走ってくれるという点は、馬券の観点からは買いやすい一頭と言えるでしょう。

前走のデイリー杯2歳ステークスは、朝日杯フューチュリティステークスで求められるラップ適性と近接している点も高評価。
今回の朝日杯フューチュリティステークスでも高いラップ適性が見込めます。

ただオールラウンダーなラップ適性を持つ馬というのは、安定感がある一方で爆発力に欠ける面があり、G1の大勝負では勝ちきれない特徴もあります。
そのような観点から、最終的にラップ適性は高く評価しつつも、3番手評価の単穴での推奨としました。

 

 

以上、この記事では朝日杯フューチュリティステークスの本命、対抗、単穴についてご紹介しました。

ご紹介した内容が馬券を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。