今週は小倉記念や関屋記念、クラスターカップなどの地方交流重賞の予想を特集します!
keibachiebukuro

【CBC賞2020 予想】最有力馬クリノガウディーのラップ適性を徹底考察!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「CBC賞(G3)」の予想について特集します!

ご紹介する内容は、有力馬であるクリノガウディーのラップ適性についてです。クリノガウディーのCBC賞に対するラップ適性についてS、A、B、C、Dの5段階で評価していきます。

なお、評価軸となるCBC賞で求められるラップ適性については下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていないという方は、こちらの記事もご参考ください!

関連記事

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!この記事では、注目の重賞競走「CBC賞(G3)」の予想のポイントとなるラップ分析を特集します!馬券予想に、ぜひご参考くださ[…]

keibachiebukuro

馬券予想に、ぜひご参考ください!

クリノガウディー ラップ適性

こちらはクリノガウディーの直近10戦のラップマトリックスです。

クリノガウディー ラップ適性

ラップマトリックスからクリノガウディーのラップ適性を分析すると、マイル戦の底力型や持続力型のレースで強いことが分かります。また道悪の時計がかかる馬場であれば前走の高松宮記念で見せたようにスプリント戦にも対応できる適性を示しています。

直近10走の傾向からは、マイル戦でもスプリント戦でも時計がかかるレースの方が良いことが見て取れます。その上で、幾分か距離が延びてのマイル戦であれば高速ラップまでなら対応できるといった印象です。脚質型については瞬発力型は向かず、底力型や持続力型が向きます。

CBC賞のラップ適性である良馬場であれば「底力型・持続力型×ラップスピード11.20~11.40」、道悪馬場になれば「底力型・持続力型×ラップスピード11.40~11.60」に該当するレースは京成杯オータムハンデ、阪急杯、高松宮記念、NHKマイルカップの4戦があたります。前走の高松宮記念は1着入線後の降着による4着ですからラップ適性は評価できますが、スプリント戦であれば道悪になっての馬といった印象を受けます。

そのためラップ適性の評価については、良馬場でスプリント戦の高速ラップになると適性が疑問ということで「B」評価とします。

その他ラップ適性以外の点として、右回り・左回りのコース適性についても触れておきたいと思います。

直近10走で馬券圏内に絡んだレースは全て左回りコースですが、2歳時には朝日杯フューチュリティステークスで2着と好走しています。また昨年のマイルチャンピオンシップでも7着と一定の結果を残していますので、右回りだからパフォーマンスを大きく落とすということはないと考えています。それ以上に、やはり時計がかかる馬場となりラップスピードが低速化することが重要と捉えます。

まとめると、道悪で時計のかかる馬場になれば前走同様に好走が期待できる一方で良馬場で高速決着になると疑問という見解です。斤量面や想定オッズを考慮すると、現時点では条件が揃わない限り本命にはしづらい一頭のように感じています。

 

以上、この記事では「CBC賞」の有力馬であるクリノガウディーについて特集しました!

なおクリノガウディー以外の出走予定馬の見解については、下記の特集ページで順次記事をアップしていく予定です。あわせてご参考ください!

CBC賞 特集ページ

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。