keibachiebukuro2

【フラワーカップ2021】ラップ分析で最終予想!「渾身の本命馬」を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、土曜日の中山の重賞レース「フラワーカップ」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、フラワーカップの予想の前提となるラップ分析と最終予想となる本命馬についてです。

なお今週は4重賞ということで、フラワーカップの最終予想については枠順確定前の木曜日の夜に動画をアップさせていただきます。
また仕事が忙しいこともあり、フラワーカップについては本命馬のみのご紹介となります。
この2点については、ご了承いただけますと幸いです。

それでは、フラワーカップの最終予想についてご紹介していきます。

フラワーカップ2021 ラップ分析

フラワーC2021 ラップ分析

この記事の初めにフラワーカップの予想の前提となるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年のフラワーカップのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

フラワーカップのラップ適性の特徴は、中山芝中距離戦らしい持続力と一定の上り勝負の瞬発力の双方の適性が求められること。
実際に過去5年のフラワーカップの脚質型については、持続力と瞬発力の双方の適性が求められるバランス型が4回と最も多くなっています。

ラップスピードについては、「ラップスピード11秒90~12秒20」が基本です。

このような点をふまえて考えるフラワーカップで求められるラップ適性ですが、「バランス型×ラップスピード11秒90~12秒20」に設定します。

次以降にご紹介する本命馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を選んでいます。

フラワーカップ2021 本命馬

それでは、ここからはフラワーカップの最終予想として本命馬をご紹介します。
今年のフラワーカップの本命馬ですが、1番人気が想定されますが逆らわずに「ユーバーレーベン」を推奨します。

フラワーC2021 ユーバーレーベン

上図はユーバーレーベンのデビュー戦から前走阪神ジュベナイルフィリーズまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからユーバーレーベンのラップ適性を分析すると、「底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒60~12秒50」のレースで結果を残していることが分かります。
脚質型として超底力型から瞬発力型まで幅広いラップ適性を誇り、さらにラップスピードも高速ラップから超低速ラップまで問わない。3歳明けの時期でこの幅広いラップ適性を誇るというのは、競走馬として高い能力を備えていると考えています。

唯一馬券圏外となったアルテミスステークスは位置取りが良くなく、この馬の能力を発揮できていません。
そのため、この結果については参考外と捉えています。

フラワーカップで求められるれるラップ適性「バランス型×ラップスピード11秒90~12秒20」に対して適性が合致するレースはありませんが、脚質型が同じバランス型となった阪神ジュベナイルフィリーズで3着という結果を残しており好印象。
そのレース内容も勝ったソダシや2着のサトノレイナスと遜色ない競馬を見せており、やはり能力は相当なものが見込めるでしょう。

A、B+、B、B-、Cの5段階評価で行うラップ適性の評価自体は「B+」ですが、今回のメンバーにおいては能力が抜けていると考えています。

脚質的に取りこぼしての2着・3着はあるかもしれませんが、馬券圏外を外すことは考えづらい一頭。
人気を集めそうですが、抜けた能力に高いラップ適性が加わるとなるとユーバーレーベンには逆らえません。

このような背景から今年のフラワーカップは、ユーバーレーベンを本命で推奨します。

フラワーカップ2021 まとめ

この記事ではフラワーカップの最終予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。