keibachiebukuro2

ホープフルステークス2020 予想|ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

こんにちは!

この記事では、注目の2歳G1競走「ホープフルステークス」の最終予想として本命馬と対抗馬についてご紹介します!

ラップ分析からホープフルをしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

ホープフルステークス2020 予想のポイント

この記事の初めに、ホープフルステークスの予想のポイントとなるラップ分析についてご紹介します。

こちらはG1レース昇格後の直近3年のホープフルステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ホープフルステークス2020 ラップマトリックス

このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、対象レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

ラップマトリックスからホープフルステークスで求められるラップ適性を分析すると、脚質型は持続力勝負を基本とした持続力型やバランス型が基本であることが分かります。
またラップスピードについては、冬の中山開催らしく中速ラップでやや時計のかかる傾向を示しています。

やや時計のかかる中速ラップ下での持続力勝負、これがホープフルステークスで求められるラップ適性と言えます。

このような背景をふまえて考えるホープフルステークスで求められるラップ適性ですが、「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒10~12秒20」に設定します。

次以降にご紹介する最終予想については、このラップ適性を判断軸に本命馬と対抗馬をご紹介していきます。

ホープフルステークス2020 最終予想

それではここからは、ホープフルステークスの最終予想となる本命馬と対抗馬についてご紹介します。

ホープフルステークス2020 本命馬

まず本命馬についてご紹介します。

今年のホープフルステークスの本命馬には、ランドオブリバティを推奨します。

ホープフルステークス2020 ランドオブリバティ

こちらはランドオブリバティのデビュー戦、芙蓉ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ここまで2戦とキャリアが浅くラップ適性としては定まらない点もありますが、この2戦のラップマトリックスからランドオブリバティのラップ適性を分析すると、時計のかかる中速ラップ~低速ラップのレースで結果を残していることが分かります。
この点から、現在の時計のかかる重めの中山芝コースに対する馬場適性が見込めます。

さらに前走の芙蓉ステークスは、ホープフルステークスで求められるラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒10~12秒20」と合致しており高評価。
今年のホープフルステークスの出走馬でホープフルステークスで求められるラップ適性と合致するレースを勝利している馬は、このランドオブリバティだけであり、ホープフルステークスに対する高いラップ適性が見込めます。

前走の芙蓉ステークスは、2着アランデルに3馬身1/2差をつける圧勝。
余裕たっぷりのレース内容で、まだ底を見せていない点も魅力です。

さらに新馬戦においても、2着以下の馬が後に5頭勝ち上がるハイレベルレースでした。
この点も評価したいポイントです。

キャリアの浅い2歳G1競走のため参考となるデータが少なく、ラップからは予想の精度がどうしても下がってしまうことは否めませんが、ホープフルステークスで求められるラップ適性で圧勝している前走の実績を考慮して、今年のホープフルステークスはランドオブリバティを本命で推奨します!

ホープフルステークス2020 対抗馬

次に対抗馬についてご紹介します。

今年のホープフルステークスの対抗馬ですが、ダノンザキッドを推奨します。

ホープフルステークス2020 ダノンザキッド

こちらはダノンザキッドの新馬戦、東スポ杯2歳ステークスのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからダノンザキッドのラップ適性を分析すると、前走の東スポ杯2歳ステークスの勝ちっぷりから現時点では高速ラップの瞬発力型のレースに強いことがあげられます。
ただし初戦の新馬戦では中速ラップのバランス型のレースを圧勝していますので、多少時計がかかるレースでも問題なく適応してくるでしょう。

デビューからの2戦のラップ適性は、ホープフルステークスで求められるラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒10~12秒20」と合致はしませんが、近接はしているため好印象。
ホープフルステークスに対するラップ適性は高いものが期待できそうです。

そのラップ適性以上に評価しているのが、競走馬としての絶対能力。
ここまで新馬戦、東スポ杯2歳ステークスで見せたパフォーマンスから、メンバー中でも能力は1枚抜けた評価です。

ラップ適性を優先して本命はランドオブリバティに譲りましたが、ランドオブリバティに肉薄する評価での対抗評価です。

馬券的には外せない一頭です。

 

以上、この記事でホープフルステークスのラップ分析と最終予想となる本命馬と対抗馬についてご紹介しました。

今年のホープフルステークスの本命馬はランドオブリバティ。続く対抗馬にはダノンザキッドを推奨します。
人気馬2頭の推奨となりましたが、キャリアが浅く予想が難しい2歳戦ということも加味してご了承いただければと思います。

今回、ご紹介した内容が馬券を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。