keibachiebukuro2

ジャパンカップ2020 最終予想|ラップ分析で選ぶ「渾身の2頭」!

こんにちは!
いつも競馬知恵袋をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、超豪華メンバーが揃った歴史的一戦「ジャパンカップ」の最終予想について特集します!
ご紹介する内容はジャパンカップの予想のポイントとなる馬場分析と、最終予想の本命馬、推奨馬についてです。

ジャパンカップをしっかりと予想していきます。
ぜひ、最後までお読みください。

ジャパンカップ2020 予想のポイント

この記事の初めに、ジャパンカップの予想のポイントとして馬場分析についてご紹介します。

今年の東京競馬場秋開催は、開幕週、2週目と悪天候の道悪馬場下でレースが開催されたため、例年よりも時計のかかる馬場傾向を示しています。

こちらはグリーンチャンネル「先週の結果分析」で用いられる馬場差を開催日毎にまとめた表ですが、実際に開幕週、2週目、3週目と馬場差はプラスになっています。
ただし、4週目のBコースに変わって以降の馬場差はマイナス1.0前後、ないしはマイナス1.0以上となっており、比較的速い時計が出る馬場状態となっています。ジャパンカップ2020 馬場差

ただし、先週の東京開催やジャパンカップレース前日の土曜日の芝レースは時計がかかっています。
この矛盾する傾向の理由ですが、馬場自体はある程度良好なコンディションでありながらも風の影響で時計がかかることがあげられます。

さらに馬場においてポイントなのが、直線で馬場の内はまったく伸びないこと。直線では馬場の3分どころよりも外を通らないと勝負になりません。
この点も大きな馬場傾向としてあげられます。

まとめると馬場自体は時計のかかる重たい馬場ではなく、時計の出る軽い馬場であること。しかし風の影響によって時計がかかっていること。
そして直線の進路取りでは、馬場の3分どころよりも外を通らないと勝負にならないこと。

この2点が予想のポイントとしてあげられます。

次以降にご紹介する最終予想については、この馬場傾向と予想の軸となるラップ適性を判断軸に本命馬と推奨馬をご紹介します。

ジャパンカップ2020 最終予想

それではここからは、ジャパンカップの最終予想として本命馬と推奨馬を1頭、ご紹介していきます。

ジャパンカップ2020 本命馬

今年のジャパンカップの本命馬は、②アーモンドアイです。

ここは初志貫徹!
1週前の予想動画で強く推奨したアーモンドアイを最終予想でも本命で推奨します。

ジャパンカップ2020_アーモンドアイ

こちらはアーモンドアイの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

直近10戦からアーモンドアイのラップ適性を分析すると、高速馬場下の中距離戦におけるバランス型のレースが好走ゾーン。ベストパフォーマンスを発揮するレースと考えます。
このアーモンドアイのラップ適性は、ジャパンカップに対して高いラップ適性が見込めます。

また時計のかかる環境こそ若干気になるものの、それでも馬場状態自体はこの馬が得意とする軽い馬場に寄っています。この点からベストとは思いませんが、しっかりとレース環境にフィットさせてくるはずです。

あとは直線で馬場の3分目より外に進路を取れるかどうか。
この点は土曜日・日曜日と東京競馬場で騎乗するルメール騎手がしっかりとエスコートしてくれることに期待します!

今年のジャパンカップはコントレイル、デアリングタクトと勢いのある3歳馬が揃いましたが、女王の意地に期待します。
ぜひ有終の美を飾ってほしいと思います。

今年のジャパンカップの本命は、アーモンドアイを推奨します!

ジャパンカップ2020 推奨馬

続いて取り上げるのがジャパンカップの推奨馬についてです。

今年のジャパンカップの推奨馬ですが、配当妙味も考慮して①カレンブーケドールを推奨します。

ジャパンカップ2020 カレンブーケドール

こちらはカレンブーケドールの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからカレンブーケドールのラップ適性を分析すると、脚質型は底力型から超瞬発力型、ラップスピードは高速ラップから低速ラップまで対応できるオールラウンダーな適性があげられます。

このオールラウンダーなラップ適性の個性の馬は、毎レース確実に馬券に絡む一方で勝ち味に遅い点が特徴です。
カレンブーケドールは、まさにその典型的な馬と言えます。

ただし、その勝ち味に遅いながらも相手なりに確実に走って馬券圏内を確保するというカレンブーケドールの個性が今年のジャパンカップで配当妙味を生み出すのでないかと考えました。

昨年のジャパンカップでも2着と好走していますし、レース適性は既に示しています。

また先行力がある中で最内枠に入った点は好材料です。
直近5年のジャパンカップで1番枠は馬券圏内を外していません。このレース傾向もカレンブーケドールを後押しします。

あとはアーモンドアイ同様に直線で内から切り替えして外目の進路を取れるかどうか。
直線の進路取りさえスムーズにいけば、三強の一角を崩すことは十分に可能と予想します!

 

以上、この記事では注目のG1レース「ジャパンカップ」の最終予想についてご紹介しました。

ご紹介した内容が馬券を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。