keibachiebukuro

【京王杯2歳ステークス2021予想】ラップ分析で選ぶ本命馬・推奨穴馬を公開!

この記事では、京王杯2歳ステークス(2021年)の最終予想を特集します。

ご紹介する内容は、京王杯2歳ステークスのラップ分析から選ぶ本命馬と推奨穴馬についてです。

馬券予想にぜひご参考ください。

京王杯2歳ステークス2021 本命馬

まず初めに、京王杯2歳ステークスの本命馬をご紹介します。

京王杯2歳ステークスの本命馬ですが、「ベルウッドブラボー」を推奨します。

京王杯2歳ステークス ベルウッドブラボー1

上図はベルウッドブラボーのデビュー戦から前走ダリア賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからベルウッドブラボーのラップ適性を分析すると、「超底力型〜瞬発力型×ラップスピード11秒60〜11秒80」のレースを得意にしていることが分かります。

京王杯2歳ステークスで求められるラップ適性「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒50〜11秒70」に対しては、前走の勝利したダリア賞の適性が近接しています。

京王杯2歳ステークス ベルウッドブラボー2

このダリア賞は同じ左回りコースの芝1400mで、レース全体の上がり3ハロン33秒9と京王杯2歳ステークスで想定するラップ傾向と似たレースとなっています。このレースにおいて、ベルウッドブラボーは先行して上がり最速の33秒5の鋭い末脚をマークして勝利しています。
このダリア賞は、高く評価できるレースです。

京王杯2歳ステークス 上がり3F

京王杯2歳ステークスは上がりの速さが好走の鍵であり、実際に過去5年の上がり3ハロン順位別の成績では、上がり3ハロン1位の馬が過去5年で3勝、2着2回、連対率は100%と抜群の成績を誇ります。
今年のメンバーでは、このベルウッドブラボーが上がり最速候補の有力な一頭と考えています。

このような背景から京王杯2歳ステークスに対して、ベルウッドブラボーは高い適性が見込めます。
この高いラップ適性を根拠に、本命馬には「ベルウッドブラボー」を推します。

京王杯2歳ステークス2021 推奨穴馬

それでは、この記事の最後の京王杯2歳ステークスの推奨穴馬を1頭ご紹介します。

推奨穴馬には、「レッツリブオン」を取り上げます。

4戦1勝、前走でようやく未勝利戦を勝った馬ですが、毎回発揮する終いの末脚は確かなものがあり強力です。
前走同コースで行われた未勝利戦は、京王杯2歳ステークスで求められるラップ適性と近接しますし、ラップの内容も優秀でした。

オッズも見込めるでしょうから、狙って面白い一頭です。