keibachiebukuro

【武蔵野ステークス2021予想】ラップ分析で選ぶ本命馬を公開!

この記事では、武蔵野ステークス(2021年)の最終予想を特集します。

ご紹介する内容は、武蔵野ステークスのラップ分析から選ぶ本命馬についてです。

馬券予想にぜひご参考ください。

武蔵野ステークス2021 本命馬

それでは早速ですが、武蔵野ステークスの本命馬をご紹介します。

武蔵野ステークスの本命馬ですが、「①タガノビューティー」を推奨します。

武蔵野ステークス2021タガノビューティー

上図はタガノビューティーのデビュー戦から前走欅ステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからタガノビューティーのラップ適性を分析すると、「底力型〜バランス型×ラップスピード11秒70〜12秒30」のレースを得意にしていることが分かります。

武蔵野ステークスで求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11秒70〜11秒90」に対しては、前走の欅ステークス、バレンタインステークス、銀蹄ステークス、3歳時のユニコーンステークスと4戦して2勝、2着1回と好成績をあげています。

東京ダート1600mはここまで7戦して3勝、2着2回、3着1回と抜群の実績を誇る点からも高いラップ適性が見込めると評価します。また武蔵野ステークスは上がり3ハロンの速さが成績に直結するレースであり、鋭い末脚が武器のタガノビューティーにとって、この点も好走条件と合致します。

S、A、B、C、Dの段階で評価する適性評価は、最上級評価の「S」といきたいところですが、最内枠の枠順がどうしても気になりますので、その点を割り引いて「A」評価とします。

ラップ適性に加えて抑えておきたい「馬場適性」は馬場指数「-1.8〜-0.4」、高速馬場から中速馬場で好走実績があります。
天気予報から良馬場開催が想定され、当日の馬場指数は「-0.3〜-0.5」が想定されます。脚質的な有利・不利はないと考えますので、馬場傾向からも好走が期待できるのではないかと考えます。

展開を考えても逃げを主張したいリアンヴェリテを筆頭に逃げ・先行馬が揃った印象で、差し・追込み有利に働くと予想します。

枠順はかなり気になりますが、それ以外では好走条件が揃ったタガノビューティー。
このような背景から今年の武蔵野ステークスは「①タガノビューティー」を本命で推奨します。