nakayama2021

【中山記念2021 予想】ラップ分析から3強でなく1強!推奨馬公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、伝統のG2競争「中山記念」の予想について特集します。

ご紹介する内容は、中山記念の予想のポイントとなるラップ分析と上位人気が予想されるヒシイグアス、バビット、クラージュゲリエの3頭のラップ適性についてです。

中山記念をラップからしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

中山記念2021 ラップ分析

中山記念 ラップ分析2

この記事の初めに中山記念の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の中山記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

中山記念のラップ適性の特徴は、中山芝1800mコースらしいワンペースな持続力の適性が求められること。
過去5年の中山記念の内3回は脚質型が持続力型と最も多くなっています。

ラップスピードについては多少バラつきがありますが、良馬場であれば高速ラップ~中速ラップ「ラップスピード11秒70~12秒00」が基本です。

このような背景をふまえて、今年の中山記念で求められるラップ適性は「持続力型×ラップスピード11秒70~12秒00」に設定します。

次以降にご紹介するヒシイグアス、バビット、クラージュゲリエのラップ分析については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

中山記念2021 有力馬ラップ適性

それでは、ここからは中山記念で上位人気が予想されるヒシイグアス、バビット、クラージュゲリエの3頭のラップ適性について評価を行っていきます。

なお、このラップ適性についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で評価を行っていきます。

ヒシイグアス ラップ適性

中山記念 ヒシイグアス(改)

まず初めに想定1番人気の「ヒシイグアス」を取り上げます。

上図はヒシイグアスの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからヒシイグアスのラップ適性を分析すると、中速ラップ~低速ラップにおけるバランス型~超瞬発力型のレースを得意にしていることが分かります。
ある程度距離がある、もしくはスタミナが求められる中速ラップ~低速ラップにおいて、道中にしっかりと脚を溜めることができ、ラストに末脚を活かせるレース。これがヒシイグアスにとってベストな舞台です。

その点で考えると、持続力の適性が強く求められ高速ラップが基本の中山記念に対するラップ適性は疑問です。
実際に中山記念で求められるラップ適性「持続力型×ラップスピード11秒70~12秒00」においては、スプリングステークスで3番人気で5着と人気を裏切る結果となっています。

ラップ適性は「Bー」と後ろ向きな評価です。
ラップ適性からは、人気ほど信頼度はないと判断しています。

ただ血統的に晩成血統のハーツクライ産駒で、ここにきて充実期に入った感が強いです。
このような馬はいけるところまで「連戦連勝」といったイメージですので、馬券から外すというのは難しいところ。

最終的には、後方から鋭く追込むも届かず。
2着・3着候補までの一頭と評価したいです。

バビット ラップ適性

中山記念 バビット

次に「バビット」を取り上げます。

上図はバビットのデビュー戦から前走有馬記念までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからバビットのラップ適性を分析すると、高速ラップから低速ラップにおける持続力型のレースを得意にしていることが分かります。
持続力型のレースは、重賞レースのセントライト記念やラジオNIKKEI賞の重賞勝利を含む5戦して3勝、2着2回と抜群の成績をあげています。

とにかくワンペースな逃げを打ち、持続力勝負に持ち込んで良い馬と言えるでしょう。

このようなラップ適性を示すバビットですから、当然ながら中山記念に対するラップ適性も高いものが見込めます。
実際に中山記念で求められるラップ適性に対しては、ラジオNIKKEI賞で圧勝を見せており高評価。

ラップ適性は文句なしの「A」評価です。

前々走の菊花賞と前走の有馬記念はこの馬にとって距離が長すぎた印象で、今回距離短縮ローテで臨む中山芝1800mはバビットにとってベストな舞台の一つと言えるでしょう。

ここは高いラップ適性から直近2走の凡走からの巻き返しが期待できる一頭。
本命候補の一頭です!

クラージュゲリエ ラップ適性

中山記念 クラージュゲリエ(改)

この記事の最後に「クラージュゲリエ」を取り上げます。

上図はクラージュゲリエのデビュー戦から前走日経新春杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからクラージュゲリエのラップ適性を分析すると、高速ラップから超低速ラップにおける底力型~超瞬発力型まで幅広いラップ適性のレースで結果を残していることが分かります。
2歳、3歳時は瞬発力勝負で結果を残していましたが、古馬になって以降は底力型までラップ適性を広げてきたといった印象です。

中山記念で求められるラップ適性については、前々走のアンドロメダステークスで2着、前走の日経新春杯で3着の結果を残しており高評価。
ラップ適性の評価「B+」と高評価です。

今回は鞍上にルメール騎手を迎えての一戦。
「ここは勝ちに来ている」勝負感が強く、期待して良い一戦でしょう!

バビット同様に注目の一頭と言えます!

中山記念2021 まとめ

この記事では中山記念の予想のポイントとなるラップ分析と上位人気が予想されるヒシイグアス、バビット、クラージュゲリエの3頭のラップ適性についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。