【中山金杯2020 レース傾向】予想の鍵は「斤量」に注目すること!

好走血統

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、2020年の競馬予想を占う意味で重要な一戦 「中山金杯」のレース傾向をご紹介します。

馬券予想にご参考いただけるよう「厳選のレース傾向」をご紹介します。
ぜひ最後までお読み下さい!!


[toc]

中山金杯の予想のポイント!3つのレース傾向

それでは中山金杯のレース傾向についてご紹介していきます。

今回ご紹介するレース傾向は過去10年の中山金杯の成績を分析して、予想に直結する傾向を3点ピックアップしています。

それではまいりましょう!


斤量が重たいほど好走傾向!

レース傾向の1点目は「斤量が重たいほど好走傾向」であることです!


過去10年の中山金杯の斤量別成績を分析すると、斤量が重たいほど平均着順がよくなり、また勝率・連対率・複勝率についても同様の成績を示しています。この成績から、明らかに斤量が重い実績馬が活躍しているレースといえます。

中山金杯 レース傾向③
中山金杯 斤量別成績(過去10年)

昨年の勝馬のウインブライトも斤量は58kgとトップハンデでした。
中山金杯はハンデ戦ですので、当然ながら斤量が軽いにこしたことはありませんが、レース傾向としては斤量についてはさほど気にする必要はなさそうです。


外枠は不振!

レース傾向の2点目は「外枠は不振」であることです!


過去10年の中山金杯の枠順別成績を分析すると、外枠である7枠、8枠がこの10年で馬券に絡めたのは1頭のみと明らかに不振です。

中山金杯 レース傾向①
中山金杯 枠順別成績(過去10年)

最内枠の1枠についても成績は今一つな傾向のため、基本は2枠、3枠が枠順としはベストです。特に2枠は平均着順が5.8着と他枠より明らかに好成績となっています。2枠に入った馬は総合評価を多少引き上げる必要があるでしょう。


基本は前有利!脚質は先行が好成績!

レース傾向の3点目は「基本は前有利!脚質は先行が好成績」であることです!


過去10年の中山金杯の脚質別成績を分析すると、先行馬が5勝、2着5回、3着2回と好成績です。中段からレースを進めた差し馬についても5勝と成績をあげていますが、これは全体の頭数が62頭と多いためです。平均着順でみれば逃げが6.5着、先行が6.4着の成績ですから、小回りコース中山芝2000mではやはり前に位置取れる馬が有利です。

中山金杯 レース傾向②
中山金杯 脚質別成績(過去10年)

中山金杯のレース傾向のまとめ

ここまで中山金杯の予想のポイントとなる3つのレース傾向をご紹介しました。

最後にご紹介したレース傾向をまとめます。

【中山金杯のレース傾向】

①斤量が重たいほど好走傾向!
②外枠は不振!
③基本は前有利!脚質は先行が好成績!



以上、この記事では中山金杯のレース傾向についてご紹介しました。

なお、中山金杯の最終予想については下記の記事でご紹介しています。ぜひ、ご参考下さい!

[st-card id=14256 label=”必見!” readmore=”on”]

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。