keibachiebukuro2

札幌記念2021予想|ラップ分析でソダシ、ラヴズオンリーユーなど注目馬を考察!

 この記事では、札幌競馬場で開催される注目の重賞レース「札幌記念(2021年)」の予想を特集します。ご紹介する内容は、札幌記念で求められるラップ適性とソダシ、ラヴズオンリーユーなど有力馬の評価についてです。馬券予想にご参考ください。

札幌記念2021 ラップ分析

 まず初めに今年の札幌記念で求められるラップ適性について考察していきます。

札幌記念2021_個別ラップ

 

 上図は過去5年の札幌記念の1ハロン毎の個別ラップの推移をまとめたグラフです。札幌記念は道中のラップの緩みが少なく、スピードの持続力勝負になっていることが分かります。

 また3ハロン目以降のラップは12秒台前後と中速ラップで推移しており、上り3ハロンの過去5年平均も36秒台前半です。速い脚は求められず、スピードよりも持続力、特に中速ラップにおける持続力勝負への適性が求められます。

 続いて、この個別ラップの傾向をふまえ、独自の予想ツールである「ラップマトリックス」を用いてさらにラップ分析を進めていきます。

札幌記念2021_ラップマトリックス

 上図は過去5年の札幌記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。このラップマトリックスとは縦軸に勝ち時計をハロン数で割ったラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数でターゲットフロンティアでも使用される数値「RPCI」を取り、該当レースのラップ傾向をまとめたグラフです。  

 ラップマトリックスから札幌記念のラップ適性を分析すると、脚質型は持続力型が基本です。ラップスピードについては若干バラつきがありますが、ラップスピード11秒90~12秒10で考えたいところです。

 このような背景をふまえて考える、1週前時点で設定する札幌記念で求められるラップ適性ですが、「持続力型×ラップスピード11秒90~12秒10」に設定します。次以降でご紹介する札幌記念の有力馬の評価については、この求められるラップ適性を判断軸に行っていきます。

札幌記念2021 ソダシ ラップ適性

 ここからは、ラップ分析から考える札幌記念の有力馬の評価についてご紹介します。まず初めに取り上げるのが、白毛の桜花賞馬「ソダシ」です。

札幌記念2021_ソダシ2

 上図はソダシのデビュー戦から前走オークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。ラップマトリックスから考えるソダシのラップ適性の特徴ですが、芝1600m~1800mにおけるオールラウンダーなラップ適性があげられます。脚質型は底力型から瞬発力型、ラップスピードは超高速から中速ラップまで結果を残しています。

 札幌記念で求められるラップ適性を考察すると、中距離戦のレースでの実績がないため未知数と捉えています。芝1800mで1着の実績はありますが、これは2歳時の結果であり、あまり参考になりません。むしろ前走のオークスの凡走をふまえると、やや懐疑的です。

 A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は「B」とします。

 ワンペースな持続力型のレース自体は高いパフォーマンスが期待できるソダシですが、個人的にはマイラーと捉えている馬です。ここは52kgと恵まれる斤量面を活かしつつ、能力でどこまで上位古馬勢に迫れるかといった評価です。

札幌記念2021 ラヴズオンリーユー ラップ適性

札幌記念2021_ラヴズオンリーユー

 次に海外遠征帰りの1戦となる「ラヴズオンリーユー」を取り上げます。

 上図はラヴズオンリーユーの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。ラップマトリックスから考えるラヴズオンリーユーのラップ適性の特徴ですが、中距離戦の持続力型から瞬発力型のレースに強いことがあげられます。

 芝中距離戦の良馬場であれば、ある程度幅広いラップ適性「オールラウンダーなラップ適性」が見込めます。一方で道悪馬場や良馬場でも時計がかかる低速馬場になると、パフォーマンスを大きく下げてしまいます。

 札幌記念で求められるラップ適性に対しては、オークス、府中牝馬S、鳴尾記念と3戦して1勝、2着1回、5着1回とまずまずの成績をあげています。そのため、ラップ適性の評価は「B+」と前向きな評価です。

 前走の香港で行われたクイーンエリザベス2世カップでは、グローリーヴェイズ、デアリングタクト、キセキ、エグザルタントといったメンバーを破り快勝。ここでは、能力的に1枚抜けている印象です。

 あとは馬場状態が、この馬が得意とするある程度スピードが出る良馬場開催となるかどうかが勝負の鍵となるでしょう。良馬場開催であれば、大崩れは考えづらい一頭。一方で道悪馬場開催になると、評価は大きく下がります。

札幌記念2021 ステイフーリッシュ ラップ適性

札幌記念2021_ステイフーリッシュ

 この記事の最後にラップ分析から考える注目馬として、「ステイフーリッシュ」を取り上げます。

 上図はステイフーリッシュの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。ラップマトリックスから考えるステイフーリッシュのラップ適性の特徴ですが、中距離戦の持続力型のレースに強いことがあげられます。ラップスピードは、中速ラップから超低速ラップまで幅広く適応してきます。

 このステイフーリッシュのラップ適性は、中速ラップの持続力型である札幌記念のラップ適性とも合致しており高評価。実際に札幌記念で求められるラップ適性に対しては、福島記念で2着、目黒記念で3着と馬券圏外を外していません。

 このような中距離戦の中速ラップの持続力型のレースに対する堅実な走りは魅力的。ラップ適性の評価は、「A」と高評価をつけます。

 今回はローテーションが長期休養明け、そして鞍上が若手の坂井瑠星騎手となり、人気を落としそうな印象です。ラップ適性はメンバー中でもトップクラスと評価していますので、オッズがつくのであれば、関屋記念で本命で推奨したカラテのように思い切って狙って面白い一頭と考えています。