keibachiebukuro

【高松宮記念2021予想】ラップ分析で選ぶ「渾身の推奨馬」を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、春のスプリント王決定戦「高松宮記念」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、高松宮記念の予想の前提となるラップ分析と最終予想となる本命馬・対抗馬についてです。

高松宮記念をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

高松宮記念2021 ラップ分析

高松宮記念2021_ラップ分析

この記事の初めに高松宮記念の予想の前提となるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の高松宮記念のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

高松宮記念のラップ適性の特徴は、良馬場、道悪馬場によってラップスピードが異なり、馬場によって求められる適性が異なること。
特に違いが生じるのがラップスピードであり、良馬場であれば超高速ラップとなる一方で、道悪場であればラップスピード11秒40を超えるようなスプリントG1戦ではやや時計のかかる傾向を示しています。
そのためラップスピードが低速化する道悪馬場になれば、マイル適性が高い馬も十分に好走が可能なレースです。

今年の高松宮記念のレース開催日の天気予報は雨予報。
午前10時頃から雨が降り出し、レース開催時も雨が止むことは考えづらいため、道悪開催が想定されます。
そのためラップスピートの低速化を見込む必要があります。

なお脚質型については、馬場状態を問わず底力型・持続力型が基本です。

このような背景をふまえて考える、今年の高松宮記念で求められる最終的なラップ適性ですが、細かく設定して「底力型・持続力型×ラップスピード11秒35~11秒50(道悪馬場想定)」と考えます。

次以降にご紹介する対抗馬ならびに本命馬については、この求められるラップ適性を判断軸に評価を行っていきます。

高松宮記念2021 対抗馬

それでは、ここからは高松宮記念の対抗馬についてご紹介します。

今年の高松宮記念の対抗馬ですが、⑯レシステンシアを推奨します。

高松宮記念2021_レシステンシア

上図はレシステンシアのデビュー戦から前走阪急杯までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからレシステンシアのラップ適性を分析すると、「超底力型~持続力型×ラップスピード11秒30~12秒00」のレースを得意にしていることが分かります。
前傾ラップもしくはワンペースな展開に持ち込み、持久力戦に持ち込んで良い馬と言え、道悪馬場によるラップスピートの低速化に対する適応力も高いものを備えています。

このレシステンシアが示すラップ適性は、道悪想定の今年の高松宮記念で求められるラップ適性とも合致しており高評価。
ラップ適性自体が合致するレースはありませんが、近接する阪急杯やファンタジーステークスの勝ちっぷりは目を見張るものがあります。

そのためレシステンシアは今年の高松宮記念に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は「B+」と高評価です。

初のスプリント戦ということでパンパンの良馬場での超高速ラップになると不安が生じると考えていましたが、この馬にとっては明らかにプラス材料の道悪馬場開催が想定されます。
状態面も申し分ありませんし、高いラップ適性から前走に続く勝ち負けが期待できます。

このような背景から今年の高松宮記念の対抗馬にはレシステンシアを推奨します。

高松宮記念2021 本命馬

それではこの記事の最後に高松宮記念の本命馬についてご紹介します。

今年の高松宮記念の本命馬ですが、ライトオンキューを推奨します。

高松宮記念2021_ライトオンキュー

上図はライトオンキューの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからライトオンキューのラップ適性を分析すると、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒30~11秒80」のレースを得意にしていることが分かります。
スプリント戦でやや時計のかかる条件下がこの馬にとってベストな舞台で、レースが超高速決着のスピード勝負になると分が悪いことがライトオンキューの特徴です。

高松宮記念で求められるラップ適性に対しては、UHB賞、シルクロードステークス、船橋ステークス、京阪杯と4戦して3勝、2着1回と抜群の成績を残しています。
このような背景からライトオンキューは、今年の高松宮記念に対して高いラップ適性が見込めます。
ラップ適性の評価は文句なしの「A」評価です。

良馬場開催であればダノンスマッシュがメンバー中No.1のラップ適性と考えていましたが、道悪馬場開催となればこの「ライトオンキュー」がメンバー中No.1のラップ適性です。
さらにメイチな仕上げも好材料。

鞍上の横山典弘騎手との相性が極端に悪いことが気にはなりますが、それを払拭するだけのラップ適性の高さがライトオンキューにはあります。

このような背景から、今年の高松宮記念の本命馬にはライトオンキューを推奨します。

高松宮記念2021 まとめ

以上、この記事では高松宮記念の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。