top1

【エプソムカップ2020 最終予想】ラップ適性、レース傾向は抜群の本命馬公開!

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目の重賞競走「エプソムカップ」の最終予想について特集します!

ラップ適性からしっかりと予想していきます。
馬券予想にぜひご参考ください!

予想法について

この記事の初めに、予想法について簡単にご紹介します。
(既にご存知の方は飛ばしていただき、予想のポイントをお読みください。)

僕の予想法はラップ分析を軸に、その上で好走血統やローテーション、レース傾向、馬券の費用対効果である馬券期待値などを補足的に取り入れる予想法を取っています。

その予想法の詳細についてまとめると、下記内容となります。

【KAZUの予想法】

予想法=ラップ分析×(血統傾向+ローテーション+etc)


【ラップ分析】

①ラップ傾向
1ハロン毎のラップの推移をまとめたグラフによる分析。

②ラップ適性
脚質型とラップスピードによる分析手法。脚質型はターゲットフロンティアのRPCI(レースペースチェンジ指数)の数値を下記内容で分類して算出。ラップスピードは1ハロンの平均ラップ。
⇒脚質型は、超底力型がRPCI>44未満、底力型が44<RPCI<48、持続力型が48<RPCI<52、バランス型が 52<RPCI<56、瞬発力型が56<RPCI<60、超瞬発力型が60<RPCIで分類。

③ラップマトリックス
ラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(RPCI)を横軸に取り、分析対象馬の過去のレースのラップ適性と結果をまとめた散布図。

このブログを初めて見るという方もおられるかと思いますので、初めに予想法についてご紹介させていただきます。

 

エプソムカップ 予想のポイント

それでは、エプソムカップの予想に入ります。

初めに、ラップ分析などエプソムカップの予想のポイントについてご紹介します!

 

まず取り上げるのが、エプソムカップのラップ分析です。

こちらは、直近5年のエプソムカップの1ハロン毎のラップの推移をまとめたグラフです。

エプソムカップ ラップ傾向

直近5年のエプソムカップは、レイエンダが勝った昨年のラップ傾向が極端なまでに超瞬発力型のレースであったためバイアスが強くなっています。しかし、基本的には中盤のラップが緩みにくい条件下での上り3ハロンのラップ変化が特徴のレースといえます。

中盤が緩みにくい、上り3ハロンでの急速なラップ変化、それに足したいのがグラフが示すラスト1ハロンの減速ラップ。

この3つのラップ傾向をふまえると、エプソムカップは「持続力」、「瞬発力」、「底力」のそれぞれの適性がバランス良く求められるレースといえます。

 

実際に脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップ適性を分析すると、上り3ハロンと上がり3ハロンを除くラップ変化で導く脚質型は、特殊なレースとなった昨年を除けば持続力型・バランス型もしくはバランス型に近い瞬発力型となっています。

エプソムカップ ラップ適性

また高速レースなのか、時計がかかるレースなのかを示す1ハロン平均のラップスピードについては、平均値が11.87です。

このような傾向であるエプソムカップで求められるラップ適性ですが、例年とは明らかに異なる傾向を示した昨年を除く形で設定して、瞬発力型もカバーしての「持続力型・バランス型×ラップスピード11.70~11.90 」に設定します。

さらに今年は重、もしくは不良の道悪馬場での開催が想定されますので、ラップスピードの低速化を見込みます。そのためラップ適性については、青枠で囲んだラップスピード11.90~12.20も視野に入れておきたいと思います。

 

次にラップ分析以外のエプソムカップの予想のポイントですが、好走血統やレース傾向など下記の内容があげれらます。

【エプソムカップ 好走血統】

①直近5年で6頭が馬券に絡むディープインパクト産駒


【エプソムカップ レース傾向】

①過去10年で4歳馬が[8-6-2-14/30]、複勝率53.3%と圧倒。
②前走からの距離変更は、距離短縮組(複勝率15.0%)よりは距離延長組(複勝率20.5%)が好成績。マイラー指向の馬が好走傾向。
③前走のラップ適性は、底力型もしくは持続力型が好走傾向。距離延長ローテが重なると[3-1-1-10/15]、複勝率33.3%と好成績。

この予想のポイントの中でも特に注目したいのは、レース傾向において4歳馬の活躍が目立つことです。

この4歳馬は、過去10年のエプソムカップで30頭出走して8勝、複勝率においても53.3%と抜群の成績を残しています。この成績から、極めて強いバイアスと考えます。

この「4歳馬が好成績」という点は、しっかりと押さえておきたい予想のポイントとなります。

 

以上、ここまでエプソムカップのラップ分析など予想のポイントについてご紹介しました。
次にご紹介する最終予想については、この予想のポイントを判断軸に予想印を打っていきます!

エプソムカップ 最終予想

それではここからは、エプソムカップの最終予想となる予想印と根拠についてご紹介していきます!

 

◎(本命)⑤ピースワンパラディ

今年のエプソムカップの本命は、ピースワンパラディです!

道悪馬場でラップスピードの低速化が想定される中であれば、高いラップ適性が見込めるピースワンパラディを本命で推奨します。

 

こちらはピースワンパラディのラップマトリックスです。

ピースワンパラディ ラップ適性

このラップマトリックスとは、ラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(RPCI)を横軸に取り、過去のレースのラップ適性と結果を散布図にまとめたものです。

赤い四角枠が該当レースで求められるラップ適性で、この枠内のレースの結果、ならびに近接するレースの結果から、その馬の該当レースに対するラップ適性が分かります。

 

ピースワンパラディのラップ適性についてですが、エプソムカップで求められるラップ適性である瞬発力型をカバーしての「持続力型・バランス型×ラップスピード11.70~11.90 」に該当するレースはありません。

ただし、天候が崩れて道悪馬場でラップスピードの低速化が起きるとなれば話は変わります。

レース開催時の馬場状態が重馬場、不良馬場であればラップスピード換算で0.1秒~0.2秒、場合によって0.3秒の低速化が予想されます。その条件下で考えれば、3走前の快勝したオリエンタル賞のラップ適性がピッタリとハマり、高いラップ適性が見込めます。

またラップマトリックスから、持続力型・バランス型の道悪馬場に強いことは明らかですから、この点も後押しします。

 

さらに、エプソムカップで抜群の成績を残す4歳馬であることも好走を予感させます。

今回は昇級初戦となり、重賞に入っての力関係は掴めませんが、このラップ適性とレース傾向の高さは魅力です。

このような背景から、ここはピースワンパラディの走りに期待したいと思います!

 

〇(対抗)④サトノアーサー

対抗には、サトノアーサーを推します!

 

こちらはサトノアーサーのラップマトリックスです。

サトノアーサー ラップ適性2

エプソムカップで求められるラップ適性に該当するレースは3戦。
大阪城ステークス、六甲ステークス、メイステークスです。

またピースワンパラディの際にもご紹介しましたが、道悪馬場でラップスピードの低速化が起きた場合を考慮しても、一昨年のエプソムカップ1着、都大路ステークス3着と安定感があります。

 

このように馬場状態を問わず、高いラップ適性が見込めるサトノアーサー。
血統の視点からは、好走血統のディープインパクト産駒という点も後押しします。

 

近走の成績から勝ちきれない点が気になりますが、今回は鞍上にレーン騎手を配しました。

年齢を重ねてパワータイプに変わってきている印象を受けますので、追えるレーン騎手と噛み合えば久しぶりの勝利も期待できます!

 

▲(単穴)⑭インビジブルレイズ

単穴には、インビジブルレイズを推奨します!

 

こちらはインビジブルレイズのラップマトリックスです。

インビジブルレイズ ラップ適性

ラップマトリックスから、道悪馬場を想定した場合のラップ適性が高いことがうかがえます。その該当レースは2戦で、前々走の白富士ステークスと3走前のサンタクロースステークスです。

道悪馬場に対する適性は掴みかねていますが、その道悪馬場をこなしさえすればラップ適性からは好走が期待できます。

 

またレース前日の土曜日時点で、単勝オッズ30倍以上と馬券期待値が高いことも大きな魅力です。

鞍上も田辺騎手ということで、この馬の一発にかけてみても面白いところ。
今年のエプソムカップの最大の穴馬は、このインビジブルレイズと考えています!

 

△(連下)①ソーグリッタリング、⑰レイエンダ

最後に連下にはソーグリッタリング、レイエンダの2頭を抑えます。

 

まずは、ソーグリッタリングについてですが良馬場もしくは稍重馬場であれば、本命にしたいと考えていた馬です。

ラップマトリックスから分かるように、ソーグリッタリングは持続力型・バランス型の高速ラップのレースに強いことが特徴です。そのため、良馬場のエプソムカップであれば高いラップ適性が見込めます。

ソーグリッタリング ラップ適性2

ただし、今回は道悪想定です。
馬場適性を割り引いて、最終的には連下評価までとしました。

 

最後にレイエンダですが、ラップマトリックスから考えるラップ適性は決して評価が高いわけではありません。

道悪馬場想定で考えた場合のエプソムカップで求められるラップ適性では、セントライト記念で2着と好走していますが、これは芝2200mのレースでラップスピードが低速化しただけです。

レイエンダ ラップ適性

ただし、メンバー中で爆発力はNo.1と考えており、軽視はできません。それに、今回は相性の良いルメール騎手が騎乗することもプラス材料です。

そのため、連下では抑えておきたい1頭となります。

 

以上、この記事では「エプソムカップ」の最終予想について特集しました!

なお本来であれば、予想印を打った馬以外の有力馬のラップマトリックスの紹介もしたいところなのですが、スケジュールの関係で割愛をさせていただきます。
今週は土曜日に急遽仕事が入ってしまい、記事作成の時間を確保することができませんでした。

ご了承いただけますと幸いです。

 

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。