keibachiebukuro

【富士ステークス2021 予想】ラップ分析で選ぶ本命馬・注目馬を公開!

この記事では、富士ステークス(2021年)の最終予想として本命馬をご紹介します。

馬券予想にご参考ください。

富士ステークス2021 本命馬

それでは早速ですが、富士ステークスの本命馬をご紹介します。

今年の富士ステークスの本命馬ですが、「①ソングライン」を推奨します。

1週前推奨馬でも取り上げたソングライン。最内枠に入り揉まれる可能性があり、その条件下の1番人気想定で推してよいものか迷いましたが、最終的には高いラップ適性を理由に本命馬とします。

富士S2021_ソングライン

上図はソングラインのデビュー戦から前走関屋記念までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからソングラインのラップ適性を分析すると、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒40〜11秒80」のレースを得意にしていることが分かります。
マイル戦の超高速ラップから高速ラップのワンペース、やや前傾ラップのタフな展開に強いことがソングラインの特徴です。

富士ステークスで想定するラップ適性「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒50〜11秒70」に対しては、前走の関屋記念3着の結果が合致します。さらにラップ適性が近接するNHKマイルカップでは、シュネルマイスターと僅差の2着の結果もあります。

このような背景からソングラインは、富士ステークスに対して高いラップ適性が見込めます。

好走したNHKマイルカップのメンバーレベルは、シュネルマイスター、グレナディアガーズ、ピクシーナイトと非常に高く、3歳牝馬とはいえ今回のメンバー構成であれば能力的に最上位クラスの一頭と考えています。

非常に高いラップ適性とメンバー中最上位クラスの能力となれば、本命馬として推さないわけにはいかないでしょう。

あとは最内枠をどう乗りこなすかどうか。この点は大きな不安要素ではありますが、鞍上の池添騎手の手腕に期待します。

今年の富士ステークスは、ソングラインを本命で推奨します。

富士ステークス2021 注目馬

最後に本命馬以外の注目馬についても触れておきたいと思います。

ソングラインに続く2番手として考えているのは、「⑧ラウダシオン」。

展開としてある程度ペースが流れると考えており、持続力型のレースになれば、この馬の好走パターンと合致します。
得意の東京芝1600mで近走の不振を覆す走りに期待したいところです。

ソングライン同様に非常に高いラップ適性が期待できるのが、「⑤ロータスランド」。
外差しの馬場傾向は気になるものの大崩れは少ない馬ですから、馬券的にはこの馬も外せないでしょう。

最後にラップ適性からというよりは馬場傾向から抑えておきたいのが、「⑰サトノウィザード」。
ラップ適性としては瞬発力型に強い馬なので決して高い適性とは言えませんが、外差しの馬場傾向とは脚質が合致します。脚質・枠順から後方大外一気で進めてくると思いますので、ハマった時の一気差しが怖い一頭です。