keibachiebukuro

ジャパンダートダービー2020予想|過去5年のラップ分析|馬券に役立つレース傾向を特集!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では注目の地方交流重賞「ジャパンダートダービー」の予想のポイントとなるラップ分析を特集します!

馬券予想にぜひご参考ください!

ジャパンダートダービー ラップ分析①(ラップ傾向)

初めにジャパンダートダービーのラップ傾向について取り上げます。

こちらのグラフは直近5年のジャパンダートダービーの1ハロン毎のラップの推移をまとめたグラフです。

JDD ラップ傾向
※クリック・タップすると画像が拡大します。

ジャパンダートダービーは底力型と持続力型の適性がバランスよく求められるレースであることが特徴です。

前半5ハロン、後半5ハロンのラップ差は1.2秒の前傾ラップとなっています。またグラフからは4ハロン目以降ワンペースな持続力勝負であることが分かります。

このラップの傾向から底力型と持続力型の適性がバランスよく求められるレースといえます。

過去5年の平均ラップスピードは12.58。地方交流重賞らしい低速ラップといえ、タフな展開かつ時計のかかるレースの経験がほしいところです。

ジャパンダートダービー ラップ分析②(ラップ適性)

ここまでご紹介したラップ傾向を脚質型とラップスピードの2軸で考えるラップマトリックスに落とし込んでいきます。

このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、直近5年の該当レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

JDD ラップ適性

 

ジャパンダートダービーのラップマトリックスを確認すると、上り3ハロンと上がり3ハロンを除くラップの変化で導く脚質型は底力型が3回、持続力型が2回となっています。過去5年の平均の脚質型は底力型ですから、やはり底力の適性が求められる一戦といえます。

1ハロン平均のラップスピードについては12.50秒~12.60秒に集中しています。

このような傾向をふまえて考える「ジャパンダートダービーで求められるラップ適性」ですが「底力型・持続力型×ラップスピード12.50~12.60」に設定します。このラップ適性に合致する馬を上位評価していきたいところです。

 

以上、この記事では「ジャパンダートダービー」の予想のポイントとなるラップ分析について特集しました。

なおラップ分析をふまえたジャパンダートダービーの推奨馬については下記の記事でご紹介しています。こちらの記事もご参考ください!

関連記事

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!この記事では注目の地方交流重賞「ジャパンダートダービー」の本命馬をご紹介します!なおジャパンダートダービーの予想のポイントとなるラッ[…]

keibachiebukuro

ご紹介した内容が馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました!