keibachiebukuro_5

【金鯱賞2022 予想】レイパパレなど有力馬をラップ分析!

こんにちは!

この記事では、金鯱賞のラップ分析と有力馬のラップ適性の評価について特集します。

馬券予想にぜひご参考ください。

金鯱賞2022 ラップ分析

まず初めに金鯱賞のラップ分析についてご紹介します。

上図は、過去5年の金鯱賞の個別ラップの傾向をまとめたグラフです。

金鯱賞の過去5年の個別ラップの特徴としては、ラスト6Fからゴールまで11秒台中盤から12秒台前半のラップが持続的に続いていること、上がり3ハロンでは12秒台前半から11秒台中盤へとラップの変化が起こっていることがあげられます。

この傾向から、金鯱賞は持続力と瞬発力の能力がバランス良く求められるレースと言えるでしょう。

脚質の傾向としては、開幕週の良好な馬場コンディションの影響で前有利。特に逃げ馬は過去5年で4回馬券に絡んでおり、好成績を上げています。
上がり3ハロンの順位と成績は相関していませんので、末脚の能力よりも先行力・追走力がある馬が好走パターンと言えます。

ここからは、独自のラップ分析ツール「ラップマトリックス」に落とし込み分析を進めていきます。

下図は、直近5年の金鯱賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

金鯱賞のラップ適性を分析すると、脚質型はバラツキがありますが、基本としてはバランス型もしくは瞬発力型が中心です。
ラップスピードについてもバラツキがありますが、直近3年の傾向を重視してラップスピード12.00〜12.15を基本と考えます。

このような背景をふまえて考える今年の金鯱賞で求められるラップ適性ですが、良馬場想定で「バランス型〜瞬発力型×ラップスピード12.00〜12.15」に設定します。

金鯱賞2022 有力馬 ラップ適性

レイパパレ

ここからは金鯱賞の有力馬としてレイパパレ、アカイイト、ジャックドール、サンレイポケットのラップ適性の評価についてご紹介します。
まず初めに、「レイパパレ」を取り上げます。

こちらはレイパパレのラップマトリックスです。
プロットしたグラフには、直近のレース名と馬場状態、着順、レース全体の上がり3ハロンを記載しています。その上で青いゾーンは得意とするラップ適性、赤いゾーンはレースで求められるラップ適性となっています。

レイパパレのラップ適性の特徴は、「持続力型〜瞬発力型×ラップスピード11.70〜12.15」のレースを得意にしていることがあげられます。

金鯱賞で求められるラップ適性に対しては、新馬戦1着のレースが合致して、チャレンジカップ1着のレースが近接しています。
この成績から、金鯱賞に対して高いラップ適性が見込めるでしょう。

S、A+、A、B+、B、C+、C、Dで評価するラップ適性の評価は、「A」とします。

オールカマー、エリザベス女王杯は距離適性外、前走の香港カップは消極的な競馬かつ直線で2度前が詰まるなど直近のレースの敗因は明確です。

人気先行型の馬ですからオッズ次第の面は否めませんが、距離適性内の芝2000mに戻って期待値は高い一頭と予想します。

アカイイト

有力馬の2頭目には「アカイイト」を取り上げます。

こちらはアカイイトのラップマトリックスです。

アカイイトのラップ適性の特徴は、「底力型〜持続力型×ラップスピード11.80〜12.05」のレースを得意にしていることがあげられます。

金鯱賞で求められるラップ適性に対しては、シドニーT2着のレースが合致して、ローズS7着のレースが近接しています。
脚質型としてバランス型や瞬発力型よりは底力型や持続力型が向く馬で上がりもかかった方が良い馬です。

そのためラップ適性の評価は、「B」とします。

追込脚質で器用さもやや欠けることをふまえると、中京芝2000mは向かない印象です。
今回は見送りしたい一頭です。

サンレイポケット

有力馬の3頭目には、「サンレイポケット」を取り上げます。

こちらはサンレイポケットのラップマトリックスです。

サンレイポケットのラップ適性の特徴は、「超底力型〜バランス型×ラップスピード11.80〜12.00」のレースを得意にしていることがあげられます。

金鯱賞で求められるラップ適性に対しては、ジャパンカップ4着、アルゼンチン共和国杯6着、鳴尾記念6着のレースが合致します。
中団から長くいい末脚を活かすタイプのため、開幕週の馬場との相性はどうでしょうか。

ラップ適性の評価は、「B」とします。

天皇賞秋4着、ジャパンカップ4着、京都記念3着と近走の充実ぶりは著しいですが、狙うなら差しが届きやすい馬場やラップ適性になってからの馬でしょう。
今回は3着候補の抑えまでの評価で考えたい一頭です。

ジャックドール

有力馬の4頭目には、「ジャックドール」を取り上げます。

こちらはジャックドールのラップマトリックスです。

ジャックドールのラップ適性の特徴は、「バランス型〜超瞬発力型×ラップスピード11.75〜12.15」のレースを得意にしていることがあげられます。

金鯱賞で求められるラップ適性に対しては、未勝利戦2着、未勝利戦1着のレースが合致します。
溜めて逃げて直線はキレて突き放すタイプの馬ですから金鯱賞に対するラップ適性は高いものが見込めると考えます。

ラップ適性の評価は、「A+」とします。

非常に高いラップ適性が見込めるジャックドール。あとはメンバーレベルが一気に強化されての能力比較次第でしょう。
能力比較が未知数であることを考えるとオッズがつくようであれば積極的に狙いたい反面、人気を集めるようであればやや狙いにくい一頭と予想します。

金鯱賞2022 まとめ

ここまで金鯱賞のラップ分析と有力馬のラップ適性の評価についてご紹介しました。

なお最終予想となる厳選1頭「本命馬」については、レース前日の土曜日に別の動画でご紹介をさせていただきます。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までご視聴いただき、ありがとうございました。