keibachiebukuro

【日経賞2021予想】ラップ分析で選ぶ「渾身の本命馬・推奨穴馬」を公開!

こんにちは。KAZUです。

この記事では、伝統のG2競走「日経賞」の最終予想について特集します。

ご紹介する内容は、日経賞の予想の前提となるラップ分析と推奨穴馬2頭、そして最終予想となる本命馬についてです。

日経賞をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

日経賞2021 ラップ分析

日経賞2021_求められるラップ適性

この記事の初めに日経賞の予想のポイントとなるラップ分析をご紹介します。
このラップ分析については、独自の予想ツールであるラップマトリックスを用いて分析を行います。

上図は直近5年の日経賞のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

日経賞のラップ適性の特徴は、中山芝中長距離戦らしい低速ラップの持続力勝負の一戦であること。
過去5年の日経賞の脚質型は、超瞬発力型と極端なレースになった2016年を除けば持続力型に寄った傾向を示しています。
ラップスピードについては、低速ラップ「ラップスピード12秒20~12秒40」が基本です。

レース開催前日の馬場状態は良馬場ですし、レース開催日の土曜日までは天候が持ちそうで良馬場開催が想定されます。
そのため、今年の日経賞は例年通りのラップ適性と考えてよいでしょう。

このような背景をふまえて考える今年の日経賞で求められるラップ適性ですが、「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒20~12秒40」に設定します。

次以降にご紹介する推奨穴馬2頭ならびに本命馬については、この求められるラップ適性に対して高い適性を示す馬を選んでいます。

日経賞2021 推奨穴馬

それでは、ここからは日経賞の推奨穴馬を2頭ご紹介します。

まず1頭目の推奨穴馬には、シークレットランを推奨します。

日経賞2021_シークレットラン

上図はシークレットランの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからシークレットランのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード12秒20~12秒40」のレースを得意にしていることが分かります。
時計がかかる低速ラップの中長距離戦を得意にしていることがシークレットランの特徴です。

日経賞で求められるラップ適性に対しては安房特別(あわとくべつ)で1着、初咲賞(はつざきしょう)で2着と好成績をあげています。また適性が近接する古都ステークスでも1着、阿武隈ステークスでも2着と連対を外していません。
このような点からシークレットランは日経賞に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は「A」と高評価です。

前走の中山金杯は距離短縮で出足がつかず、追走にも苦労したことが敗因です。
距離延長で臨む今回は前走からの巻き返しが期待できます。

能力的にどこまで通用するかという点はありますが、ラップ適性はピカイチ。
このような背景から推奨穴馬の1頭目には、シークレットランを推奨します。

 

続いては、今年の日経賞の2頭目の推奨穴馬をご紹介します。
2頭目の推奨穴馬には、ラストドラフトを推奨します。

日経賞2021_ラストドラフト

上図はラストドラフトの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからラストドラフトのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒90~12秒60」のレースを得意にしていることが分かります。

このラストドラフトが示すラップ適性は、日経賞で求められるラップ適性とも合致しており高評価。
実際に日経賞で求められるラップ適性もしくは適性が近接するレースについては、3歳時の弥生賞を除けば、昨年のAJCC3着を筆頭に好走を連発しています。
そのため、日経賞に対するラストドラフトのラップ適性の評価は「B+」と高評価です。

能力的にも上位争いできる馬ですし、その上でラップ適性が高いとなれば抑えておきたい一頭。
このような背景から推奨穴馬の2頭目にはラストドラフトを推奨します。

日経賞2021 本命馬

それではこの動画の最後に日経賞の本命馬をご紹介します。

今年の日経賞の本命馬ですが、ワールドプレミアを推奨します。

日経賞2021_ワールドプレミア2

上図はワールドプレミアのデビュー戦から前走有馬記念までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからワールドプレミアのラップ適性を分析すると、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒90~12秒40」のレースを得意にしていることが分かります。
豊富なスタミナを活かせる中長距離戦の中速ラップ~低速ラップ、そしてタフな展開で高いパフォーマンスを発揮してくることがワールドプレミアの特徴です。

日経賞で求められるラップ適性に対しては、ここまで菊花賞を1着と前走の有馬記念で5着という結果を残しています。
菊花賞の勝利は高く評価できますし、前走の有馬記念5着についてもスタートからスムーズにレースを運ぶ中で中盤においてブラストワンピースの後退を受けて位置取りを下げる不利がありました。
その上でカレンブーケドールと同着の5着という結果ですから、一定の評価ができます。
このような背景をふまえて、ラップ適性の評価は「A」と高い評価をつけます。

週半ばに鞍上が主戦の武豊騎手から石橋騎手へ変更になったことで、本命馬について同じく高いラップ適性が見込めるカレンブーケドールと迷いました。
その中で、最終的には「勝ちきれる個性」に期待してワールドプレミアを本命馬としました。

今年の日経賞はワールドプレミアを本命で推奨します。

日経賞2021 まとめ

以上、この記事では日経賞の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。