keibachiebukuro

【オークス2021予想】ラップ分析で選ぶ「渾身の本命馬」|ソダシ超えに期待!

この記事では、牝馬クラシック二冠目となる「オークス」の最終予想を特集します。

ご紹介する内容はオークスの有力馬の最終見解、そして最終予想となる本命馬についてです。

オークスをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

オークス2021 有力馬 最終見解

この記事の始めにオークスの有力馬の最終見解をご紹介します。

ソダシ 最終見解

オークス2021_ソダシ_最終見解

まずは圧倒的1番人気が想定される「ソダシ」を取り上げます。

こちらはソダシのデビュー戦から前走桜花賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスからソダシのラップ適性を分析すると、「底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒40~12秒30」のレースで結果を残していることが分かります。
極めて幅広いラップ適性「オールラウンダーなラップ適性」がソダシのラップにおける特徴です。

今年のオークスで求められる最終的なラップ適性については、良馬場想定で「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒10」を見込みます。
この求められるラップ適性に対しては、ソダシのラップ適性がしっかりとカバーしていることから高いラップ適性が期待できます。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、「B+」です。

気になる距離適性については、道悪馬場開催であれば距離不安が露呈して思いきって切っても良いのではないかと考えていましたが、速い時計が出る良馬場開催であれば能力でカバーしてくる可能性が高いです。

高いラップ適性に不安視していた距離適性も何とかカバーできそうという点をふまえて、最終的な評価としては対抗評価です。
5戦5勝の無敗の桜花賞馬ですから、やはり外せない一頭と言えます。

アカイトリノムスメ 最終見解

オークス2021_アカイトリノムスメ_最終見解

次に想定2番人気の「アカイトリノムスメ」を取り上げます。

こちらはアカイトリノムスメのデビュー戦から前走桜花賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからアカイトリノムスメのラップ適性を分析すると、「持続力型~バランス型×ラップスピード11秒60~12秒00」のレースで結果を残していることが分かります。

ディープインパクト産駒ですが、瞬発力というよりスピードの持続力に長けた馬で脚質型は持続力型やバランス型が向きます。

オークスで求められるラップ適性に対しては、初勝利を飾った未勝利戦の適性が合致しており、まずまずの評価。
ラップ適性の評価は、ソダシ同様に「B+」と高評価をつけます。

この馬はソダシと違って今回距離が延びていい馬と考えており、その点はプラス材料です。
ただ個人的に爆発力に欠ける印象が強くG1で勝ちきるイメージが湧かないため、3着候補までで考えたい馬と捉えています。
最終評価としては連下とします。

その他 出走予定馬 最終見解

ここまで有力馬であるソダシ、アカイトリノムスメの最終見解についてご紹介しました。
ここからは有力馬以外の出走予定馬の中で注目したい馬を取り上げます。

まず1頭目で取り上げておきたいのが、「クールキャット」です。

このクールキャットはラップスピードが低速化する中距離戦が向く馬で、クールキャットが示すラップ適性とオークスで求められるラップ適性が合致している点から高いラップ適性が見込めます。

前走のフローラステークスはルメール騎手の好騎乗が光った上での勝利であることは否めませんが、距離延長自体はプラスに捉えることができますし、ここでも乗り方一つで勝ち負けまで見込めるのではないかと考えます。

本命、対抗に次ぐ単穴として推奨したい一頭です。

オークス2021_クールキャット_最終見解

続いて注目馬の2頭目として抑えておきたいのが、「ステラリア」。

芝1800mの未勝利戦、芝2000mの忘れな草賞では高いパフォーマンスを発揮して勝利しており、この馬もクールキャット同様に中距離戦である程度ラップスピードがかかるレースが向きます。

大外枠に入ってしまった点はマイナス材料ですが、高いラップ適性から馬券圏内は十分にあり得ると予想し、連下評価で推奨します。

オークス2021_ステラリア_最終見解

オークス2021 本命馬

それでは、この記事の最後にオークスの本命馬についてご紹介します。

今年のオークスの本命馬ですが、「ユーバーレーベン」を推奨します。

ユーバーレーベン 最終見解

オークス2021_ユーバーレーベン_最終見解

こちらはユーバーレーベンのデビュー戦から前走フローラステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからユーバーレーベンのラップ適性を分析すると、「底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒60~12秒50」のレースで結果を残していることが分かります。

ユーバーレーベンが示すラップ適性は、ソダシと似た傾向を示しており、非常に幅広いラップ適性「オールラウンダーなラップ適性」が特徴です。

オークスで求められるラップ適性に対しては、前走のフローラステークスが合致します。このフローラステークスは、結果は3着ながら脚を余すような形で「負けて強し」の内容でした。
そのため、ユーバーレーベンはオークスに対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

気になる馬体重も現時点ではおそらくプラス体重で出てきそうですし、枠順も9番枠とまずまずの枠に入りました。

道悪馬場になれば自信を持って本命で推したいと考える中で、週初めからは想定外の良馬場開催が想定される点はやや評価を下げる要因ですが、それでも高いラップ適性から馬券圏内はしっかりと確保してくれると考えています。

差し損ねての2着、3着も考えられますが、乗り方一つでソダシとの逆転も期待できる一頭。そのようにも評価しています。

このような背景から、今年のオークスは「ユーバーレーベン」を本命で推奨します。

オークス2021 まとめ

以上、この記事ではオークスの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。