keibachiebukuro

【桜花賞2021予想】ラップ分析から選ぶ「超絶穴馬」を公開!

この記事では、牝馬クラシック1冠目となる「桜花賞」の予想第2弾を特集します。

ご紹介する内容は、桜花賞のラップ分析から考える特注馬3頭についてです。

なお桜花賞の有力馬3頭ソダシ、サトノレイナス、アカイトリノムスメのラップ適性については下記の記事でご紹介しています。
まだ下記の記事をチェックされていないという方については、あわせてご参考いただければと思います。

関連記事

この記事では、牝馬クラシック1冠目となる「桜花賞」の予想第1弾を特集します。ご紹介する内容は、桜花賞の予想のポイントとなるラップ分析と有力馬3頭ソダシ、サトノレイナス、アカイトリノムスメのラップ適性、そしてラップ適性から考える推奨馬[…]

keibachiebukuro2

桜花賞をラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

桜花賞2021 特注馬 ラップ適性

それでは早速ですが、桜花賞のラップ分析から考える特注馬3頭についてご紹介します。

なお、特注馬のラップ適性の評価についてはA、B+、B、Bー、Cの5段階で行っていきます。

ストライプ ラップ適性

桜花賞2021_ストライプ2

まず1頭目の特注馬ですが、「ストライプ」をあげます。

こちらはストライプのデビュー戦から前走クロッカスステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからストライプのラップ適性を分析すると、「超底力型~瞬発力型×ラップスピード11秒60~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。
この時期の3歳馬には珍しい幅広いラップ適性を示すことがストライプの特徴です。
このような3歳春の早い時期にオールラウンダーなラップ適性を示す馬は、総じて能力が高いことがあげられます。この点は注目すべきポイントでしょう。

今年の桜花賞で求められるラップ適性は「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒55~11秒70」を想定しています。
その桜花賞で求められるラップ適性に対しては、前走のクロッカスステークスが近接しており高評価。
同じくラップ適性が近接する京王杯2歳ステークスは4着と馬券圏外となっていますが、伸びない内と突き、ラストはモントライゼが内に寄れる煽りを受けていますので評価を下げる必要はありません。
このような背景から、ストライプの桜花賞に対するラップ適性の評価は「B+」と高評価をつけます。

芝1600mへの距離延長が課題となりますが、スタートセンスの良さ、末脚の力強さなど、その素質は高く評価できる一頭と考えています。
今年の桜花賞で穴馬として狙うなら、この「ストライプ」と考えています。

メイケイエール ラップ適性

桜花賞2021_メイケイエール

次に2頭目の特注馬ですが、「メイケイエール」を取り上げます。

こちらはメイケイエールのデビュー戦から前走チューリップ賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからメイケイエールのラップ適性を分析すると、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒40~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。
短距離志向のラップ適性を示しながら、マイル戦の持続力型のレースにも適応できる能力を示すことが特徴的と言えます。

桜花賞で求められるラップ適性に対しては、ラップ適性が合致する阪神ジュベナイルフィリーズで4着という結果を残しています。
またラップ適性が近接する前走のチューリップ賞では、道中抑えきれず暴走しながらもエリザベスタワーと同着で勝利。

このような背景から、メイケイエールは桜花賞に対して一定のラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

先ほどもお伝えしましたが、本質的には短距離志向が強いメイケイエール。
そのため、桜花賞に対するラップ適性自体はベストとは言えません。

それでも競走馬としてのポテンシャルは、メンバー中最上位クラスであることは間違いないでしょう。
暴走という危険をはらみながらも、マークはしっかりとしておくべき。
そのように評価する一頭です。

ククナ ラップ適性

桜花賞2021_ククナ

最後となる特注馬の3頭目には「ククナ」を取り上げます。

こちらはククナのデビュー戦から前走クイーンカップまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからククナのラップ適性を分析すると、「瞬発力型×ラップスピード11秒80~12秒10」のレースで結果を残していることが分かります。
父キングカメハメハ、母父ディープインパクトの主流血統らしい瞬発力勝負に強いことがククナの特徴と言えます。

桜花賞で求められるラップ適性に対しては、ラップ適性が合致するレースはありません。
ただ瞬発力勝負に強い傾向を考慮すると、ラップ適性は見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、B+に近い「B」と前向きな評価です。

今回は抽選対象馬のため、実際に桜花賞へ出走できるかどうかは現時点では分かりませんが、出走できればラップ適性からは面白い一頭。
3連系の3着候補では抑えておくべき一頭と考えます。

桜花賞2021 まとめ

今回ご紹介した特注馬の中から選ぶ桜花賞の注目穴馬ですが、「ストライプ」を推します。

なお馬場状態も含めた最終的な本命馬や推奨穴馬については、レース前日の土曜日に別の動画でご紹介をできればと思います。

以上、この記事では桜花賞の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。