keibachiebukuro

【皐月賞2021予想】ラップ分析から選ぶ「渾身の穴馬」を公開!

この記事では、牡馬クラシック1冠目となる「皐月賞」の予想を特集します。

ご紹介する内容はラーゴム、タイトルホルダー、レッドベルオーブ、ヨーホーレイクのラップ適性についてです。
なお皐月賞の有力馬3頭エフフォーリア、ダノンザキッド、ディープモンスターのラップ適性と評価については下記の記事でご紹介しています。

関連記事

この記事では、牡馬クラシック1冠目となる「皐月賞」の予想を特集します。ご紹介する内容は、皐月賞の予想のポイントとなるラップ分析と有力馬3頭エフフォーリア、ダノンザキッド、ディープモンスターのラップ適性、そしてラップ適性から考える推奨[…]

keibachiebukuro2

それではラップ分析から予想をご紹介していきます。

皐月賞2021 ラーゴム

皐月賞2021_ラーゴム3

まず初めに「ラーゴム」を取り上げます。

こちらはラーゴムのデビュー戦から前走きさらぎ賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからラーゴムのラップ適性を分析すると、「バランス型×ラップスピード12秒00~12秒40」のレースで結果を残していることが分かります。
ここまで4戦の全てのレースの脚質型がバランス型となっており、現時点ではラップ適性は掴みかねますが、バランス型のレースについてはラップスピードを問わず高いパフォーマンスを発揮してくることが特徴と言えます。

今年の皐月賞で求められるラップ適性は、現時点の天気予報から道悪馬場開催を想定した場合「底力型・持続力型×ラップスピード12秒00~12秒20」を想定します。
この皐月賞で求められるラップ適性に対しては合致するレースはありませんが、ラップ適性が近接するきさらぎ賞で重賞制覇を飾っており高評価。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、「B+」と高く評価します。

極端な道悪馬場までいくと「馬場適性がどうかな」と思う一面はありますが、多少の道悪馬場は苦にする印象がない点も魅力。
ここまで4戦で発揮するパフォーマンスから勝ちきるまでは難しいと考えますが、馬券圏内であれば十分にあり得る一頭と予想します。

皐月賞2021 タイトルホルダー

皐月賞2021_タイトルホルダー3

次に「タイトルホルダー」を取り上げます。

こちらはタイトルホルダーのデビュー戦から前走弥生賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからタイトルホルダーのラップ適性を分析すると、「バランス型・瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒40」のレースで結果を残していることが分かります。

皐月賞で求められるラップ適性に対してはこちらも適性が合致するレースはありませんが、ラップ適性が近接するホープフルステークスで4着の結果を残しています。
皐月賞に対するタイトルホルダーのラップ適性としては及第点といったところでしょうか。
そのためラップ適性の評価は、「B」とします。

前走の弥生賞は鮮やかな逃げ切り勝ちとなりましたが、展開・馬場など全てが噛み合った上での勝利と考えています。
ダノンザキッドを破っての弥生賞1着馬ですから、3連系の馬券では抑えておく必要がある一頭と評価しています。

皐月賞2021 レッドベルオーブ

皐月賞2021_レッドベルオーブ3

続いて「レッドベルオーブ」を取り上げます。

こちらはレッドベルオーブのデビュー戦から前走朝日杯フューチュリティステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからレッドベルオーブのラップ適性を分析すると、「底力型・持続力型×ラップスピード11秒50~11秒70」のレースで結果を残していることが分かります。
現時点のレッドベルオーブのラップ適性はマイラーといった印象を受けます。

皐月賞で求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード12秒00~12秒20」に対しては、適性が合致するレースはありません。
またマイラー気質なラップ適性と高速馬場の高速ラップに強い傾向を加味すると皐月賞に対するラップ適性は懐疑的です。
そのためラップ適性の評価は、「B-」と厳しめの評価です。

今回は前走朝日杯フューチュリティステークスから400mの距離延長ローテとなる一戦。
しかも、この馬にとっては適性とは異なる時計のかかる道悪想定。

このような環境下となると、「正直、厳しい」というのが率直な評価です。

皐月賞2021 ヨーホーレイク

皐月賞2021_ヨーホーレイク3

この記事の最後に「ヨーホーレイク」を取り上げます。

こちらはヨーホーレイクのデビュー戦から前走きさらぎ賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

このラップマトリックスからヨーホーレイクのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード12秒10~12秒50」のレースで結果を残していることが分かります。
母系の影響からパワー型ディープインパクト産駒といえる馬で、中距離戦の中速ラップ~低速ラップが向く馬です。

そのため、道悪馬場想定で時計がかかるであろう今年の皐月賞に対するラップ適性は、高いものが見込めます。
実際に皐月賞で求められるラップ適性と近接するホープフルステークスやきさらぎ賞では好走しています。
このような背景からラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

ラーゴム同様に上位陣と比較すると能力的にやや劣る面は否めませんので、勝ち負けまでは難しいと考えています。
ただし馬券圏内については十分に考えられる一頭。
しっかりとマークしておく必要があるでしょう。

皐月賞2021 まとめ

今回ご紹介した4頭の中から考える推奨馬ですが、高いラップ適性が見込める「ラーゴム」を推奨します。

続く2番手評価には「ヨーホーレイク」、3番手評価には「タイトルホルダー」、4番点評価には「レッドベルオーブ」をあげます。

なお馬場状態を含めた最終的な本命馬については、レース前日の土曜日に別の動画でご紹介をできればと思います。

以上、この記事では皐月賞の予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。