keibachiebukuro

関屋記念2020 予想|重めの馬場ならこの馬だ!ラップで選ぶ本命馬!

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、日曜日の新潟メインの重賞レース「関屋記念」の予想についてご紹介します。ご紹介する内容は、関屋記念の予想の前提となるラップ分析と本命馬、推奨馬の3点です。

ラップを軸にしっかりと予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください。

関屋記念 ラップマトリックス

まず初めに関屋記念のラップ分析「ラップマトリックス」についてご紹介します。

このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、直近5年の該当レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

関屋記念 ラップマトリックス2
※クリック・タップすると画像が拡大します。

関屋記念のラップマトリックスを確認すると、上り3ハロンのラップと上がり3ハロンを除く平均ラップの差から導く脚質型は持続力型が3回、バランス型が1回、瞬発力型が1回となっています。今年は逃げ馬候補としてトロワゼトワルが出走を予定していますので、脚質型は持続力型になると予想します。
次に1ハロン平均のラップスピードについては、11秒40~11秒60に集中しています。このように例年であれば高速ラップが基本のレースですが、レース前日の新潟の芝レースを見る限り時計のかかる馬場状態です。またレース当日の天候も「雨」となっており、道悪馬場開催も想定されます。そのためラップスピードについては、例年よりは低速化を見込み11秒50~11秒75に設定したいと思います。
このような傾向をふまえて考える関屋記念で求められるラップ適性ですが「持続力型×ラップスピード11秒50~11秒75」に設定します。

関屋記念 本命馬

ここからは関屋記念の本命馬についてご紹介します。

今年の関屋記念の本命馬は⑯グルーヴィットです。

例年通りの超高速馬場で開催されるのであれば穴狙いでトロワゼトワルを狙いたいと考えていましたが、今年は時計のかかる馬場が想定されます。そうなればラップ適性は一気に高まるグルーヴィットを狙いたいです。

こちらグルーヴィットのラップマトリックスです。

グルーヴィット ラップマトリックス2

ラップマトリックスから考える好走ゾーンは「底力型・持続力型×ラップスピード11秒50~11秒70」。デビュー戦から2戦はダート競争を連勝したようにパワースピードが特徴の馬で、短距離からマイル戦の時計のかかるレースで力を発揮します。

その代表的なレースが「底力型×ラップスピード11.70」となった中京記念。このレースでグルーヴィットは見事重賞初勝利を飾っています。

この中京記念は関屋記念で求められるラップ適性と近接するレースであるため高く評価ができます。関屋記念で求められるラップ適性に該当するレースについても、ファルコンステークス、NHKマイルカップと2戦して2着1回と悪くありません。

左回りのマイル戦はこの馬にとってベストです。また関屋記念で好成績な外枠に入った点も好材料です。さらに、仮に馬場が道悪馬場になっても十分に対応できる適性も魅力。

距離延長ローテや凡走時は踏ん張りがきかないことなど若干気になる点はあるため「自信度はB」としますが、本命馬として期待したい馬です!

関屋記念 その他の推奨馬

ここからは本命馬グルーヴィット以外の推奨馬についても触れておきたいと思います。

まずグルーヴィットに匹敵する形での推奨馬として取り上げたいのが、⑪クリノガウディーです。

グルーヴィットと同じラップ適性を持つ馬でグルーヴィットを本命で推す以上、クリノガウディーもセットで推すべき一頭。

過去馬券圏内に絡んだ朝日杯フューチュリティステークス、中京記念、東京新聞杯は「底力型・持続力型×ラップスピード11.60~11.75」のレースです。このラップ適性から今年の関屋記念に対するラップ適性は非常に高いと考えています。

本命馬にしてもよい一頭なのですが勝ちきれない面が顕著なため、最終的には推奨馬までにとどめました。

なお、その他の推奨馬には一昨年の関屋記念の覇者プリモシーン、再度充実期に入ってラップ適性は高いエントシャイデンをあげたいと思います。

最後に1週前推奨馬で取り上げたトロワゼトワルですが、例年の関屋記念とは異なる時計のかかる馬場が想定されるため厳しいと考え、推奨馬から外しています。

 

以上、関屋記念の最終予想についてご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。