keibachiebukuro2

秋華賞2020 最終予想|ラップ分析から選ぶ3頭!本命馬・推奨馬公開!

こんにちは!
いつも競馬知恵袋をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では牝馬三冠最後の一戦「秋華賞」の最終予想について特集します!
ご紹介する内容は秋華賞の予想の前提となるラップ分析、そして最終予想として本命馬・推奨馬2頭についてです。

ラップから秋華賞をしっかりと予想していきます。ぜひ最後までお読みください!

秋華賞2020 ラップ分析

まず初めにご紹介するのが、秋華賞の予想の前提となるラップ分析です。

秋華賞2020 ラップ傾向

秋華賞2020 ラップ傾向

上図のグラフは直近5年の秋華賞の1ハロン毎の個別ラップをまとめたグラフです。

秋華賞は京都芝内回り2000mでレースが行われ、スタートから1コーナーまでの距離が309mと短いため、先行争いが激しくなりがちです。また中盤も淀みなく流れることも特徴で、ゴールまで11秒代後半から12秒台前半のラップが持続的に続きます。

ゴール前の直線が約330mのコース形態から、一見逃げ・先行有利のように見えますが、秋華賞自体は差しが有利です。実際に過去5年の勝馬はいずれも脚質として「差し」で、3着内に入った15頭においても11頭が差し脚質となっています。

この傾向は秋華賞を予想する上で非常に重要な傾向といえます。

秋華賞2020 ラップマトリックス

20201017_秋華賞ラップマトリックス

続いて、このラップ傾向をラップスピードと脚質型の2軸で考えるラップマトリックスに落とし込んでいきます。

このラップマトリックスとはラップスピードを縦軸に、脚質型の指標であるレースペースチェンジ指数(競馬ソフト「ターゲットフロンティア」で使用される数値「RPCI」)を横軸に取り、対象レースのラップ適性を散布図にまとめたグラフです。

ラップマトリックスを用いて秋華賞のラップ分析を行うと、縦軸のラップスピードは11秒80~12秒00が基本となっています。

土曜日の京都の馬場は重馬場ですが、日曜日の天候は晴れとなっており、馬場の急速な回復が見込まれます。レース開催時の馬場状態は分かりかねますが、ラップスピードが極端に高速化したり、低速化したりすることはなさそうです。そのため、例年のラップスピード通りの設定で問題ないでしょう。

一方で横軸の脚質型は持続力型が基本です。今回のメンバー構成を考えると、逃げ馬不在で例年よりはスローペースでレースが流れる可能性があります。そのため、今年の秋華賞の脚質型は従来の持続力型に加えてバランス型までカバーしたいと思います。

このような背景をふまえて考える今年の秋華賞で求められるラップ適性ですが、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒80~12秒00」に設定します。

次にご紹介する本命馬・推奨馬2頭については、求められるラップ適性と出走予定馬の過去のレースのラップ適性を比較して、高い適性が見込める馬を推奨します。

秋華賞2020 最終予想

それでは、ここからは秋華賞の最終予想として本命馬と推奨馬を2頭ご紹介します。

秋華賞2020 本命馬

今年の秋華賞の本命馬ですが、⑬デアリングタクトです。

20201017_デアリングタクト

ラップスピード、そして脚質型を問わないオールラウンダーなラップ適性。そして同世代の牝馬では抜けた能力。ここはデアリングタクトに逆らえないと判断しました。

上図はデアリングタクトのデビュー戦から前走オークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるデアリングタクトのラップ適性は、ラップスピードは高速ラップ~低速ラップまで、脚質型は超底力型~瞬発力型まで幅広いラップ適性を誇ります。

持続力型を加速ラップで圧勝したエルフィンステークス、超底力型を豪脚で差し切った桜花賞、瞬発力型で完全な前残りの競馬を力でねじ伏せたオークス、異なる適性が求められた3レースのいずれにおいてもパフォーマンスは圧倒的で、まさにオールラウンダーなラップ適性といえます。

秋華賞に対するラップ適性についても、デアリングタクトのラップ適性が秋華賞で求められるラップ適性をすっぽりと覆っており、申し分ありません。距離適性、馬場適性を問わない馬ですから、その上でのこのラップ適性の位置関係は抜群です。

1週前に唯一不安材料と考えていた枠順についても、7枠13番とこの馬にとってレースがしやすい枠に入りました。

無敗牝馬三冠に向けて死角は見当たりません。今年の秋華賞はデアリングタクトによる歴史的快挙を果たすレースとなりそうです。

秋華賞2020 推奨馬

ここからは本命馬デアリングタクトに次ぐ推奨馬について2頭ご紹介します。

まず推奨馬の一頭目ですが、⑰ウインマリリンを推します。

20201017_ウインマリリン

ウインマリリンのラップ適性は、ラップスピードは中距離戦におけるやや高速ラップ~低速ラップ、脚質型は持続力型に強いことがあげられます。このウインマリリンが示すラップ適性は秋華賞で求められるラップ適性と合致しており、高く評価ができます。

機動力もあり小回りコース向きと考えますし、ジリ脚ながら先行しての粘り強さも一級品と評価していますので、京都芝2000mで行われる秋華賞は間違いなく合うでしょう。

外枠に入った点は気になりますが、うまく立ち回っての馬券圏内に期待します。

 

次に推奨馬の二頭目には、③マルターズディオサを推します。

20201017_マルターズディオサ

マルターズディオサのラップ適性は、ラップスピードは11秒60~12秒20、脚質型は持続力型・バランス型に強いことがあげられます。

芝1600m~芝2000mを距離適性におき、高速ラップから低速ラップに適応し、脚質型はワンペースな展開に強い、これがマルターズディオサのラップにおける個性といえます。

このようなラップ適性を示すマルターズディオサですから、当然ながらワンペースで持続力勝負の秋華賞は合います。それを示すように、マルターズディオサのラップ適性は秋華賞で求められるラップ適性をしっかりとカバーしています。

さらに2枠3番という枠順は先行力があるこの馬にとって好枠といえます。内をロスなく立ち回り、しっかりと力を発揮してくれると予想します。

 

以上、この記事で牝馬クラシック最後の一冠となる「秋華賞」の最終予想についてご紹介しました。

今回、ご紹介した内容が馬券を予想する上でご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。