keibachiebukuro

【天皇賞春2021】ラップ分析で予想!必見の穴馬を公開!

この記事では、ステイヤー決定戦G1「天皇賞春」の予想第3弾を特集します。

ご紹介する内容は、ラップ分析から考える天皇賞春の推奨穴馬3頭についてです。

なお天皇賞春の有力馬となるアリストテレス、ディープボンド、ワールドプレミアのラップ適性と評価については下記の記事でご紹介しています。
こちらの記事をまだチェックされていないという方はあわせてご参考ください!

関連記事

この記事では、ステイヤー決定戦G1「天皇賞春」の予想を特集します。ご紹介する内容は天皇賞春の予想第1弾として、今年の天皇賞春で求められるラップ適性と有力馬のラップ適性についてです。なお有力馬のラップ適性については、上位人気が想定[…]

keibachiebukuro2

それではラップ分析から考える天皇賞春の推奨穴馬3頭についてご紹介していきます。

ユーキャンスマイル ラップ適性

天皇賞春2021_ユーキャンスマイル

まず初めの推奨穴馬には「ユーキャンスマイル」を取り上げます。

こちらはユーキャンスマイルの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
ラップマトリックスとは縦軸にラップスピード、横軸に上り3ハロンを起点とするラップ変化指数「RPCI」を取り、該当レースの指標をまとめた独自の予想ツールです。

このラップマトリックスからユーキャンスマイルのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード11秒70~12秒50」のレースを得意にしていることが分かります。

4歳までは脚質型やラップスピードを問わないオールラウンダーなラップ適性を示し中距離戦でも活躍していた馬ですが、年齢を重ねてこの馬の本質であろう長距離戦の持続力型のレースにラップ適性はシフトしています。
その代表例として前走の阪神大賞典、一昨年の阪神大賞典があげられます。

このような長距離戦の持続力型勝負に強いラップ適性を示すユーキャンスマイルですから、天皇賞春に対しても高いラップ適性が見込めます。
実際に一昨年の勝利した阪神大賞典のラップ適性が、今年の天皇賞春で求められるラップ適性「底力型もしくはバランス型もカバーする持続力型×ラップスピード12秒15~12秒30」と合致して高評価。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級評価の「A」をつけます。

例年の京都芝3200m開催の天皇賞春よりは、タフな阪神芝3200m開催の今年の天皇賞春の方が明らかに向く馬とも考えています。
年齢面からくる競争能力の衰えは若干気になりますが、好走条件は揃っていますのでしっかりとマークしておくべき一頭でしょう。

ウインマリリン ラップ適性

天皇賞春2021_ウインマリリン

2頭目の推奨穴馬には「ウインマリリン」を取り上げます。

こちらはウインマリリンのデビュー戦から前走日経賞までのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからウインマリリンのラップ適性を分析すると、「持続力型~瞬発力型×ラップスピード11秒90~12秒40」のレースを得意にしていることが分かります。

良好な馬場コンディションで高速馬場下の中距離戦であれば、脚質型、ラップスピードを問わず高いパフォーマンスを発揮してくることがウインマリリンの特徴です。
一方でAJCC6着や秋華賞15着など道悪馬場で時計がかかるとパフォーマンスを落とす傾向にあります。
この点はウインマリリンという馬の個性を考える上で重要なポイントと考えます。

天皇賞春で求められるラップ適性に対しては、3歳時の1勝クラス「ミモザ賞」で1着の成績を残しており、まずまずの評価です。
ラップ適性の評価は「B+」と前向きな評価をつけます。

前走の日経賞は前有利の展開ならびに内有利の馬場をうまく活かした競馬だったとはいえ、カレンブーケドール、ワールドプレミアを抑え込んでの勝利ですから評価ができます。
ラップ適性から道悪馬場になると厳しいとは思いますが、良馬場開催であれば狙ってみて面白い一頭。そのように評価しています。

ナムラドノヴァン ラップ適性

天皇賞春2021_ナムラドノヴァン

最後の3頭目の推奨穴馬には「ナムラドノヴァン」を取り上げます。

こちらはナムラドノヴァンの直近10戦のラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからナムラドノヴァンのラップ適性を分析すると、「持続力型・バランス型×ラップスピード12秒20~12秒50」のレースを得意にしていることが分かります。

3走前の万葉ステークスで長距離戦に路線をシフトして覚醒。
中距離戦では3勝クラスで掲示板を確保できなかったにも関わらず、長距離戦になればG2競争でも馬券圏内を確保するわけですからラップスピードは低速化すればするほどよい馬でしょう。

天皇賞春で求められるラップ適性に対して目を向けると、格上挑戦で勝利を飾った万葉ステークスが合致しており高評価。
この結果からナムラドノヴァンは天皇賞春に対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、「B+」と高評価です。

能力的にさすがにG1で連対する馬とは思えませんが、ラップ適性の高さから馬券圏内の3着であれば十分にあり得ると予想します。
三連系の馬券では高配当を見込んで、必ず抑えておきたい馬と評価します。

個人的に超穴馬候補として注目している一頭です。

天皇賞春2021 まとめ

以上、この記事では天皇賞春の予想についてご紹介しました。

なお天皇賞春の最終予想となる本命馬については、レース前日の土曜日に別の記事でご紹介をさせていただきます。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。