今週は小倉記念や関屋記念、クラスターカップなどの地方交流重賞の予想を特集します!
keibachiebukuro

【CBC賞2020 最終予想】ラップ適性で選ぶ本命馬を公開!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では注目の重賞レース「CBC賞(G3)」の最終予想として本命馬をご紹介します!

なおCBC賞の予想のポイントは下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていないという方は、こちらの記事もご参考ください!

関連記事

こんにちは! 競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!この記事では、注目の重賞競走「CBC賞(G3)」の予想のポイントとなるラップ分析を特集します!馬券予想に、ぜひご参考くださ[…]

keibachiebukuro

それではCBC賞の最終予想にまいります!

本命馬|②レッドアンシェル

CBC賞の本命馬はレッドアンシェルです!

ラップ適性が高く本命候補としてあがった馬はレッドアンシェル、クリノガウディ―の2頭。その中でも、馬券の費用対効果「馬券期待値」を考慮してレッドアンシェルを本命で推奨します。

レッドアンシェルを本命で推奨する理由は「高いラップ適性が見込めること」、「道悪適性を示していること」、「追切内容・距離短縮ローテと調整ならびにローテーション過程がよいこと」の3点です。


まず「高いラップ適性が見込めること」についてご紹介します。

こちらはレッドアンシェルのラップマトリックスです。

レッドアンシェル ラップ適性

赤い四角枠がCBC賞で求められるラップ適性で、この枠内のレースの結果ならびに近接するレースの結果からレッドアンシェルのCBC賞に対するラップ適性が分かります。

ラップマトリックスからレッドアンシェルのラップ適性を分析すると、スプリント戦の底力型から持続型のレースにおいてラップスピードを問わず得意にしていることが分かります。

道悪想定で設定したCBC賞で求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード11.40~11.65」においては4戦して1勝、3着1回。

その中でも昨年の不良馬場で行われたCBC賞のラップ適性が高く評価できます。今年のCBC賞も重もしくは不良馬場でレースが行われる可能性は高いと考えていますので、このラップ適性は近走の不振を覆す激走を予感させます。

レッドアンシェルを推奨する理由の2点目は「道悪適性を示していること」です。

レッドアンシェルは不良馬場で行われた3歳時の富士ステークス後のレースで鞍上の福永騎手が「水かきがついている」と評価するほど、道悪巧者の馬です。実際に道悪馬場でのレースは6戦して2勝、2着1回、3着1回と好成績を残しています。

レース開催前日の土曜日の馬場状態は重、開催日の天気予報も雨予報ですから道悪開催は間違いないでしょう。馬場状態がレッドアンシェルに味方しそうです。

また阪神芝コースはここまで5戦して1勝、2着1回、3着2回と高いコース適性を示していますので、この点も魅力です。


レッドアンシェルの推奨理由の3点目は「追切内容・距離短縮ローテと調整ならびにローテーション過程がよいこと」。

長期休養明け後の直近2戦は18着、11着と大敗を喫しているレッドアンシェル。前々走のシルクロードステークスはゲートのタイミングが合わず衝突してしまうアクシデントがあり、前走の京王杯スプリングカップは距離が長すぎた印象です。

今回は3戦して2勝、3着1回と好成績を示している距離短縮ローテで、調整過程も抜群です。1週前の追切では栗東坂路で自己ベストを大きく更新する4ハロン50.4秒をマーク。最終追切も栗東坂路で加速ラップを刻めており状態の良さがうかがえ、近走の奮わないレース結果を一変させる気配は十分です。

 

ここはレッドアンシェルの復活の激走に期待して本命で推奨します!

 

以上、この記事では「CBC賞」の最終予想として、本命馬をご紹介しました!

ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。