NO IMAGE

【NHKマイルカップ2021】ラップ分析で選ぶ「渾身の本命馬」を公開!

この記事では、3歳マイル王決定戦「NHKマイルカップ」の最終予想を特集します。

ご紹介する内容はNHKマイルカップの単穴馬、対抗馬、そして本命馬についてです。

NHKマイルカップをラップ分析からしっかりと予想していきます。
ぜひ最後までお読みください。

NHKマイルカップ 単穴馬

まずは初めにNHKマイルカップの単穴馬についてご紹介します。

NHKマイルカップの単穴馬ですが、「⑧グレナディアガーズ」を推奨します。

NHKマイルC2021_グレナディアガーズ

こちらはグレナディアガーズのデビュー戦から前走ファルコンステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからグレナディアガーズのラップ適性を分析すると、「底力型~持続力型×ラップスピード11秒40~11秒60」のレースで結果を残していることが分かります。

今年のNHKマイルカップで求められるラップ適性は、良馬場想定で「持続力型×ラップスピード11秒50~11秒60」を想定します。
この求められるラップ適性に対しては、適性が近接する朝日杯フューチュリティステークスでG1制覇を飾っており高評価。
A、B+、B、B-、Cの5段階で評価するラップ適性の評価は、最上級の「A」をつけます。

NHKマイルカップのラップの特徴である持続力勝負よりは底力勝負の方が向く馬と考えているため、その点で評価を多少割引いて、最終的な評価は3番手候補「単穴馬」としましたが、それでもラップ適性は高いものが見込めます。

朝日杯フューチュリティステークスに続くG1レース連勝というのも十分にあり得ると予想します。

NHKマイルカップ2021 対抗馬

続いてNHKマイルカップの対抗馬についてご紹介します。

NHKマイルカップの対抗馬ですが、「③ルークズネスト」を推奨します。

NHKマイルC2021_ルークズネスト

こちらはルークズネストのデビュー戦から前走ファルコンステークスまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからルークズネストのラップ適性を分析すると、「底力型~バランス型×ラップスピード11秒40~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。

モーリス産駒ながら低速ラップよりは高速ラップで高いパフォーマンスを発揮する馬で、NHKマイルカップで求められるラップ適性に対しては、適性が合致するレースはありませんが、適性が近接するファルコンステークスやシンザン記念で好走を見せています。
ルークズネストが示すラップ適性がNHKマイルカップで求められるラップ適性をしっかりとカバーしている点もふまえると、ルークズネストはNHKマイルカップに対して高いラップ適性が見込めると考えます。
ラップ適性の評価は、グレナディアガーズ同様に最上級の「A」をつけます。

レースを使うごとにパフォーマンスを上げてきており、ここにきての成長力は目を見張るものがあります。
また前走グレナディアガーズを破りながら、単勝オッズ2桁台が想定される配当面も魅力です。

このような背景から、今年のNHKマイルカップの対抗馬には「ルークズネスト」を推奨します。

NHKマイルカップ2021 本命馬

それでは、この動画の最後にNHKマイルカップの本命馬についてご紹介します。

今年のNHKマイルカップの本命馬ですが、「④バスラットレオン」を推奨します。

NHKマイルC2021_バスラットレオン

こちらはバスラットレオンのデビュー戦から前走ニュージーランドトロフィーまでのラップ適性をまとめたラップマトリックスです。
このラップマトリックスからバスラットレオンのラップ適性を分析すると、「持続力型~バランス型×ラップスピード11秒60~11秒80」のレースで結果を残していることが分かります。

圧巻となった前走のニュージーランドトロフィーは2ハロン目以降ゴールまで全て11秒台の高速ラップを刻み圧勝。
このニュージーランドトロフィーで刻んだラップ構成はNHKマイルカップのラップ構成と似ており、そのレースを圧勝しているわけですからバスラットレオンはNHKマイルカップに対して高いラップ適性が見込めます。
実際にラップマトリックスにおいても、前走のニュージーランドトロフィーのラップ適性はNHKマイルカップで求められるラップ適性と近接しています。

このような背景からNHKマイルカップに対するラップ適性の評価は、ここまでご紹介した2頭同様に「A」と最上級評価をつけます。

逃げ馬脚質の馬が揃い展開面を不安視する意見もありますが、ルークズネストやピクシーナイトの鞍上からは「ハナにこだわらない」との発言が出ていますので、個人的にはバスラットレオンがすんなりと先手を取り、この馬の得意とするワンペースな持続力勝負に持ち込めるのではないかと考えています。

非常に高いラップ適性、急速な成長力と直近2走のレース内容から、バスラットレオンを強く推奨したいと考えています。
今年のNHKマイルカップはバスラットレオンで勝負します。

NHKマイルカップ2021 まとめ

以上、この記事ではNHKマイルカップの予想についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。