キーンランドカップ2020 最終予想

札幌2歳ステークス2020予想|血統×ラップ推奨馬!唸る適性!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「札幌2歳ステークス2020(G3)」の1週前推奨馬についてご紹介します。

ラップ、血統を軸にしっかりと予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください。

札幌2歳ステークス2020 1週前推奨馬

札幌2歳ステークス2020の1週前推奨馬ですが「ウインルーア」を推します。

函館芝1200mで行われた新馬戦ではスピードについていけず最下位と大敗しましたが、距離延長で臨んだ前走札幌芝1800mの2歳未勝利戦は評判馬を打ち破って快勝。

そのレース内容からはセンスを感じさせますし、勝ち時計も優秀です。ここでも好走が期待できると予想します。

札幌2歳ステークス2020 ウインルーア ラップ適性

札幌2歳ステークス2020 ウインルーア ラップ傾向

こちらはウインルーアの前走の2歳未勝利戦と札幌2歳ステークス直近5年の平均のラップ傾向を比較したグラフです。

先ほどもお伝えしましたが、ウインルーアの初戦は函館芝1200mで行われた新馬戦で最下位に敗れています。このレースは短距離戦のスピードにまったくついていけておらず、度外視してよいと考えています。

その上で迎えた2戦目の2歳未勝利戦は札幌2歳ステークスと同コースの札幌芝1800mでレースが行われ、3コーナーから4コーナーにかけての推進力は抜群で快勝。距離延長で強さをみせました。

この2歳未勝利戦は、ハープスターの全弟アークライトやマルセリーナの半弟ギャラントウォリアの評判馬2頭が出走したレースでレースレベルも悪くありません。

ラップ適性も「バランス型×ラップスピード12秒19」と札幌2歳ステークスで求められるラップ適性「底力型・持続力型×ラップスピード12秒20~12秒40」と近接していますし、グラフのラップ傾向も近い推移を示しています。

このような背景から札幌2歳ステークス2020に対する高いラップ適性が見込めると考えています。

札幌2歳ステークス2020 ウインルーア 血統分析

札幌2歳ステークス2020 ウインルーア 血統

次に血統についても触れておくと、ウインルーアは父ゴールドシップ、母コスモエルデスト、母父ブラックホークの配合です。

父ゴールドシップは昨年の札幌2歳ステークスで産駒がワンツー決着を決めており、札幌2歳ステークスの好走血統にあたります。

ゴールドシップ産駒は札幌・函館の洋芝コースは複勝率40%超えと抜群ですし、道悪馬場や開催が進んでの馬場状態の悪化によってラップが低速化するほど好走傾向です。

また母型の血統は、こちらも札幌2歳ステークスで好走傾向の欧州型ノーザンダンサー系のヌレイエフやデインヒルを内包しています。

スタミナとパワーに富み、札幌2歳ステークスで求められる「低速ラップの持続力勝負」はもってこいの血統といえ、札幌2歳ステークス2020に対して非常に高い適性が見込める血統背景と考えます。

 

ウインルーアは、札幌2歳ステークス2020に対して高いラップ適性が見込め、裏付けとなる血統背景も確かです。

このような背景から1週前の推奨馬としては、ウインルーアを推したいと思います!

 

以上、この記事では札幌2歳ステークス2020のラップ、血統から考える1週前推奨馬についてご紹介しました。

ご紹介した内容が、札幌2歳ステークス2020を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。