キーンランドカップ2020 最終予想

新潟記念2020予想|血統×ラップ推奨馬!この馬の地力が違う!

こんにちは。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、注目の重賞競走「新潟記念2020(G3)」の1週前推奨馬についてご紹介します。

ラップ、血統を軸にしっかりと予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください。

新潟記念2020 1週前推奨馬

新潟記念2020の1週前推奨馬ですが「カデナ」を推します。

今年の大阪杯4着、小倉大賞典勝利など実績は抜けています。また昨年の新潟記念では3着と好走しており、レース適性も示しています。

前走の宝塚記念の大敗はスタミナ不足が露呈したと個人的に考えており、敗因は明確です。

前走の敗因から人気を落とすのであれば、ここはカデナを狙っていきたいところです。

新潟記念2020 カデナ ラップ適性

カデナ ラップマトリックス

こちらはカデナの過去10戦のラップマトリックスです。

ラップマトリックスから考えるカデナの好走ゾーンは「底力型~バランス型×ラップスピード11秒80~12秒10」。芝1800mから芝2000mのレースでやや時計のかかる馬場を得意としています。

新潟記念2020で求められるラップ適性については、昨年の新潟記念3着の他に小倉記念2着、大阪杯4着の実績があります。

基本的に小回りコースの方が向く馬ですが、昨年の新潟記念の好走のように大箱で直線が長いコースも対応できます。

このような背景から新潟記念2020に対する高いラップ適性が見込めると考えています。

新潟記念2020 カデナ 血統分析

カデナ 血統表

次に血統についても触れておくと、カデナは父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母父フレンチデピュティの配合です。

母フレンチリヴィエラは現役時代に米国のダート6ハロンのG3サラブレッドクラブオヴアメリカステークスを勝利した活躍馬。カデナの半兄には京王杯スプリングカップを勝ったスズカコーズウェイがいます。

母の現役時代及び半兄スズカコーズウェイの距離適性を考えれば、父ディープインパクトでスタミナを補強しているとはいえ、カデナの距離適性は芝1600mから芝2000mがベストと考えます。

その点をふまえると前走の宝塚記念は距離が長すぎたこと、かつタフな馬場でよりスタミナ面が求められ、スタミナ切れが大敗の原因と結びつけることができます。

父ディープインパクト×母父フレンチデピュティという配合はダービー馬マカヒキと同じであり、年齢を重ねる度に母型のフレンチデピュティのパワーが表面化してくることが特徴の血統。

その点で考えれば、今の新潟のパワーが必要な馬場状態は合うでしょう。

このようなカデナの血統構成は「父ディープインパクト×母父欧州型血統」の新潟記念の好走血統にはあたりませんが、それに近い血統背景と考えています。

 

このようにラップ適性、血統背景ともに高いものが見込めるカデナ。

あとは叩いて良い仕上がりのタイプの馬ですから、「休み明けの今回がどうか」という点が気になるところ。その点は追切の内容を見て仕上がり具合を判断したいと思います。

加えて勝負の分かれ目となりそうなのが、最終週となる新潟芝コースの馬場傾向です。

週末の最終予想では、この点もしっかりと抑えて行いたいと思います。

 

以上、この記事では新潟記念2020のラップ、血統から考える1週前推奨馬についてご紹介しました。

ご紹介した内容が、新潟記念2020を予想する上で少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。